TOKIO城島茂さんの「男気」、「謙虚さ」に学ぶ

TOKIO城島茂さんの「仲間意識」、「優しさ」、「男気」そして「謙虚さ」・・・、
私はとても尊敬しています。
先ほど、行列のできる法律相談所の生放送で、「24時間テレビ37~小さなキセキ、大きなキセキ~」(8月30~31日放送)のチャリティーマラソンランナーが城島茂さんであると発表されました。
そのシーンを見て、私はますます城島茂さんのファンになりました。
ある番組のラーメン取材の打ち合わせと称して、城島茂さんがある部屋に呼ばれます。
中学校教師、ブログ、記事、人気

しかし扉を開けると、そこにはスーツを来た男性が数人かしこまって座っています。
そのただならぬ雰囲気に城島さんは姿勢を正します。
そして、告げられます。
「24時間TVのチャリティーランナーをお願いします」と。
城島茂さんは、はじめ「どっきり?」と言いながらかなり動揺します。
冗談でないことが分かると、頭を机に伏せて動かなくまります。
しばらく経った後、ようやく頭を上げます。
そして、覚悟を決めた表情で言います。

「逆に・・・、よろしくお願いします。24時間、走らせてください」

頭を深々と下げるのです。
その後、涙目になります。
普通なら、
「分かりました。やります。最後まで頑張ります。」
でしょう。
しかし、違ったのです。
「走らせてください」
なのです。
お願いされているのに、お願いしているのです。
「頼まれたらやってあげる」というような雰囲気はまったくありません。
どこまでも謙虚な方なのだと思いました。
43才、城島茂さん、凄いです。
本番の8月30日、31日まで、私も何かにチャレンジしようと思います。