(雑記)久々の満員電車で感じたこと

Reading Time: 1 minute

1.残念な瞬間

先日久々に満員電車に乗りました。
予め覚悟はしていたのですが、次のような乗客がいました。
・足を組んで座っていて、前の人が立つ邪魔になっている。
・スマホを見るために、自分の前に余分なスペースを確保している。
・足を広げて座っている。
・座席に荷物を置いている。
・座席に詰めて座らない。
(「ヘッドフォンから音が漏れてうるさい人」はいませんでした。
鉄道会社のアナウンスの効果なのかと思いました。)
さて、こんなことは、昔も今も変わらないな・・・と思っていました。
しかし、よく見ると違っていることもありました。

turikawa

このような行為をしている人が、ほとんど「疲れ切った中年男性」だったのです。
私の気のせいかもしれませんが、とても残念です。

2.余裕感を醸し出す

疲れ切って余裕がなくなると、
・普段できていることもできなくなる
・周りが見えなくなる
こともあるのかと、ふと思いました。
普通なら気づきますよね。
荷物を横に置いていて、前に人が立っていたらその荷物を自分の膝の上に置く・・・。
でも余裕がなくなったら、そんなことすら気づかなくなる。
その結果、周りに迷惑がかかる。
私自身も気をつけなければと思いました。
ひょっとしたら、私も余裕がない時は、そんな風になっていたかもしれない・・・。
いや、これからそうなるかもしれない・・・。
余裕をもって行動できるよう、心がけようと思います。

春野伸一のメルマガ
ブログには書けない尊敬している先生、参考にしている本、思ったこと、考えたことを好き勝手に書いているメルマガです。どうでもいいことをメールされても大丈夫な先生はどうぞ!平日配信です。

スポンサーリンク





スポンサーリンク