ブレない先生になるために必要なこと

この半年間、ブログを休息させていただいておりました。
その間、多くの先生方からメールをいただきましたが、返信ができておらず申し訳ありません。
また、更新されていないブログにもかかわらず、多くの方々に訪問していただきました。
ブログを始めて丸4年が経過した現在、アクセス数は400万、訪問者は150万人を突破しました。
本当にありがたいことです。

さて、3月、4月という節目を迎えるにあたり、この1年、特に強く感じることを書きたいと思います。
(ちなみに、3月=March=前に進む、4月=April=ラテン語で花が咲くという意味があるそうです。)
「ブレない先生になるために必要なこと」です。
過去にも記事にしていますし、最近のビジネス書でも多く書かれていることですが、

ブレない先生

師匠と呼べる人をつくること

です。
「昔の話だなあ」と思われるかもしれません。
しかし、とても大事なことです。

師匠と呼べる人をつくるには、その指標も必要です。
私の場合は、
他人の幸せを心から願える人であり、
一時的ではなく、継続的に社会で実証を示してきた人であり、
日本だけではなく、世界的な視点で物事を考えられる人

です。
ブレない先生になるために必要なこと
そんな人はいない、という声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。
そういう人を知らない、出会ったことがない、そういう先生方は、いろんな人に出会う、良書を読む、などに挑戦してください。
その際、世間の噂話や二流・三流の週刊誌の内容などに振り回されないようにしてください。
間違った人を師匠にして、自分の人生を犠牲にしている(あるいはそのことに気づいていない)方が多くいるようです。

師匠と呼べる人が見つかったら徹底的にその人の考え方を学びましょう。
本を読む、ビデオを見る、人に聞く等が考えれらます。
もし、その方がセミナーなどを開催されているのなら、参加すればよいでしょう。
考え方、行動の指針などを学び、自分のものにしていくのです。
そうしているうちに、「ブレない自分」に近づきます。
ブレることが少なければ、今まで大きな悩みであった事も、些細な事に感じます。
人にとやかく言われても、気になりません。

幸い私にも師匠と呼べる人がいます。
偉大すぎて、ここでは言い表せないような方です。
同じ時代に生きることができ、本当に幸せです。

さて、新年度が始まります。
大成長の1年にしていこうと思います。
読者の皆様におかれましても、健康にはくれぐれも留意され、最高の1年間になることを願っております。