(雑記)この3日間でやったこと。3/30、3/31でやろうと思っていること

Reading Time: 1 minute
19/03/29 もみじの新芽です。
この時期、鮮やかなサクラも好きですが、
その脇で、半年後の秋に向けて、
もみじがひっそりと準備している季節感が、
私は大好きです。

(単なる日記です。思ったことをだらだら書いていたら、こんな感じになりました。)
さて、いよいよ新年度が始まります。
何とか、今日、年度末の業務をすべて気持ちよく終了できました。
修了式後、次年度への準備でかなりバタバタしました。

まずは、引継ぎ資料の作成。
次年度は、初めて教務主任をする先生が担当するので、心を込めて丁寧に資料をつくりました。
自分で言うのもあれなんですが、資料作成については、拙記事「教務主任になったら最初に考えること」をほぼそのままコピーし、少し本校用に変えて、渡しました。
幸いにも喜んでくれました(喜んだ振りかもしれませんが)。
その先生は育児の時短勤務なので、家に帰って読んでくださいました。
次の日に、色々質問してこられたので、ちゃんと勉強してくれたんだな思いました。
こちらも、ますますやる気をもらいました。
「えっ、もうできたんですか?」「こんな資料どうやってつくったんですか」とその先生が言ってくれます。
リップサービスとは言え、おっさん先生は、単純なので言われると嬉しいです。

さて、次年度は、中学3年担任と進路指導主事を急遽やることになりました。
まさかこの年になって、再び担任や主任業が回ってくると思っていなかったので、びっくりしています。
ビックリというより、ラッキーです。
私にまで担任が回ってきた理由は、いい意味で担任をできる先生が不足したことです。
「いい意味」でというのは、育児休暇や介護休暇、時短勤務を積極的にとる先生が増えたからです。
時代はどんどん変わっています。
休暇や時短勤務を取る先生も、担任ができるようになる時代もまもなくくるでしょう。
時代よ、どんどん変われ!と思います。

担任は、本当に楽しみです。
飛び込み学年なので、最後の1年間の担任をさせてもらえるなんて、本当にラッキーです。
1年後の卒業式、生徒と共に、心身共に、成長していきたいという気持ちです。
過去に、「今年も経験でできるだろう」と思って、あまり準備をせずに、新年度を迎えた時期がありました。
案の定、失敗しました。
そんなことにならないよう、今年もしっかり準備しようと思います。

進路指導主事は、6年ぶりになります。
昨日、資料を1年分しっかり読み、最新の流れを頭にいれました。
担任として、進路指導主事としてのToDoをまとめ、1年間の総合、HRに組み込む進路予定として落とし込みました。
今のうちにできる資料はすべて作成して、万全の体制に何とかこぎつけました。

今年度は、初めての3年担任で進路指導をする先生が2人(ともに教員2年目)もいます。
これも拙記事「中3担任による進路指導の準備の基本」をもとに、24ページの資料(やること、流れの抜粋、進路指導の学び方全般)を作成し、昨日渡しました。
これも、めっちゃ喜んでくれました。
「いろいろまた教えてくださいっ」って言われたから、おっさん先生は機嫌がよくなりました。
この2人、本当にいろいろやってあげたくなるのです。
がんばろうと思う気持ちにさせてくれて、ほんまにありがとう。
おっさん先生はなかなかやる気になれないため、本当にありがたい存在です。
こんなにやる気がでるのは、久々です。

あと、机上は何もない状態にしました。
雑巾でピッカピカにしました。
「春野先生、異動するの?」って思われたら、作戦成功です(笑)

3月30日と31日の予定です。
家族の許可をもらえれば、大阪梅田の紀伊國屋書店にいくつもりです。
30日か31日の夜、1時間くらいかな。
「なう紀伊國屋」って、ブログにアップするかもしれません。
鬼混みでしょうね、きっと((+_+))
毎年そうです。
特に学級経営の本がある前の通路は、通れないくらい人だかりになります。
人と人の間から「すみません」って、手を伸ばして本を取る感じです。
でも、この時に書店にいる一生懸命な先生方を見るのも私は大好きです。
たまに、私のようなおっさん先生がいます。
なんだか安心します。

今回選ぼうと思う本は、多分ですが、「話し合い」「グループワーク」系の本です。
これには、理由があります。
自慢をはさみますが、私は学校全体のアンケート「授業は分かりやすい」で学校で1番でした。
しかし、私の授業は、元塾講師だったこともあり、「話し合い」「グループワーク」 を軸には組んでいません。
今年は、この部分で授業も学級も勝負しようと思います。
徹底的に勉強して、冒頭のもみじが紅葉する頃、研究授業でもできたらいいなと思います。

残りの時間は、大切な家族と共に過ごす時間にします。

さて、いろいろ書きました。
読者の先生方におかれましては、健康に十分留意され、最高の1年が送れますよう、心より願っています。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

大阪北摂の地より
春野伸一

3/30朝 追伸

今から部活動がある先生、本当にご苦労さまです。

タイトルとURLをコピーしました