3年目までの先生を見れば、良い学校か悪い学校かがすぐ分かる

スポンサーリンク
Reading Time: < 1 minute
明日に備えて
スポンサーリンク

1.良い学校の特徴

「職員室に少しでも入れば、良い学校か、悪い学校なのか、すぐに分かる」
先生ではありませんが、中学校に出入りすることのある私の親友が言っていたことです。
理由を聞いて、なるほど、と思いました。

「3年目までの先生が生き生きとしている中学校は、うまくいっている。逆なら、アウトな中学校。」
本当にその通りだと思います。

思い起こせばそうでした。
皆さんの中学校ではどうでしょうか。
3年目までの先生が生き生きとされているでしょうか。
生き生きと言うのは、例えば、
・会議で多く発言している。はっきり意見を言える。
・帰る時間に関わらず、元気のいい声で「お先に失礼します」と言って帰っている。
・外部の方が入ってきたときに、満面の笑みで挨拶している。
・若い先生が、職員室で大声で笑っている。

もし、そのような中学校なら、恵まれていると言えるでしょう。
リーダー的立場の先生が、しっかり組織のバランスを考えているのです。
そんな職員室を日本中で創っていきたいものです。

スポンサーリンク

2.悪い学校の特徴

これとは逆の中学校もあります。

・職員室で大声で話しているのは、年配教員だけ。
・若い先生を、見下す、馬鹿にする先生が何人かいる。
・数人の先生が職員室の端にたまって、何か話をしている。
・年配教員(マウント教員)が帰った後、若い先生が元気になる。

そんな職員室です
これ、どこかで聞いた言い回しです。
そう、いじめがある学級の特徴でもあります。

3.対処法

残念ながら、悪い学校だった場合、次の事を考えます。

<経験年数が少ない先生の場合>
 ・信頼できる管理職の先生に相談しましょう。
 ・その場から離れましょう。
 ・自分が年配になったら、「そんなことはしない」と意思を固くしておきましょう。
<ミドル以上の先生>
 ・問題が何なのか、しっかり分析しましょう。
 ・分析した後は、それをなくすために行動しましょう。

タイトルとURLをコピーしました