中学校カルチャースタンダード

中学校カルチャースタンダード

職員室を明るい場所に変えたい先生が考えること

本音で「気持ち」や「思い」を 語る時は、大阪弁の方が書きやすいからな。 えっ?そんなことどーでもいいって?ほっといてくれ(笑)!好きでやっとんねん。しかも、「春野先生の大阪弁の記事もいい」みたいなことを言ってくれる読者もおんねんや。自慢な...
中学校カルチャースタンダード

子どもの幸せのために、世界の平和のために、これからも私は働く

(この記事はイキって、関西弁で書きます。いや、書くで。なんてったって、大阪のおっさん先生やからな。中学校のおっさん先生が好き勝手にえらそーに書いてる記事やから、読んでくれたとしても、読み飛ばしてや。めっちゃ長いで。しかも、言いたいことは1...
中学校カルチャースタンダード

3年目までの先生を見れば、良い学校か悪い学校かがすぐ分かる

1.良い学校の特徴 「職員室に少しでも入れば、良い学校か、悪い学校なのか、すぐに分かる」先生ではありませんが、中学校に出入りすることのある私の親友が言っていたことです。理由を聞いて、なるほど、と思いました。 「3年目ま...
中学校カルチャースタンダード

「経験の豊かさ」は、「経験した年数」だけでは決まらない

1.「経験年数が長いこと」と「経験が豊かなこと」はイコールではない 「えっ?そんな当たり前のこと?」と思われるかもしれませんが、「経験年数が長いこと」と「経験が豊かなこと」は同じではありません。ついでに言うと、「経験年数が長...
中学校カルチャースタンダード

3年以内に中学校の文化は大きく変わり、使命感やワクワク感に満ち溢れた職場となる

1.最高の職場が中学校に間もなくやってくる 風向きは大きく変わっています。今まで大きな顔をして、他の先生を非難してきた先生の居場所はなくなっていきます。時代の流れを察知し、「これはやばい」と思う先生が増え、他の先生には分からないよう...
中学校カルチャースタンダード

ブレない先生になるために必要なこと

1.師匠と思えるような人と出会うこと 3月=March=前に進む、4月=April=ラテン語で花が咲くという意味があるそうです。 このような節目の時期に、いつも考えること(考え直すこと)が、「ブレない先生になるために必要なこと」です。 過去...
中学校カルチャースタンダード

(雑記)「チーム」になっていく

新しく組織された学年教師集団などのチーム。最初から本当の意味での「チーム」なんてことはありません。「チーム」になっていくのです。 私は「チームになっていく」という言葉が大好きです。もっと言うと、「チームになっていく過程」です。 ...
中学校カルチャースタンダード

生徒の前でベストな状態で立つこと、最も優先順位の高いことの一つ

生徒の前でベストな状態で立つこと、最も優先順位の高いことの一つです。 ベストな状態とは、心身ともに充実している状態です。笑顔で余裕がある状態と言ってもいいでしょう。 「生徒は先生の心身の状態を敏感に感じる」「生徒が相談室に来た...
中学校カルチャースタンダード

副担任の先生は「何かお手伝いできることはありますか」を口癖にする

1.担任の先生に思いを込めて聞く 「副担任をしているのですが、担任の先生ができる先生で、どのような動きをすればよいか分かりません。副担任がすべき仕事を教えてください。」読者の方から、質問の多い内容の一つです。「これをすればいい」とい...
中学校カルチャースタンダード

(雑感)~優しさ~教師にとって最も大切な資質

明日からいよいよ新年度が始まります。 お別れの季節から、出会いの季節へと変わります。 さて、上から目線になってしまいますが、今年度最後のメッセージです。 教師にとって大切な資質を一つだけ答えるとしたら、何と答えるのか。 私は迷わず、「優しさ...
中学校カルチャースタンダード

(雑感)大丈夫!

まもなく平成26年度が終了します。本当にお疲れ様でした。先日の打ち上げで、ある優秀な先生から「最近凹んでるから元気づけて!」と冗談ぽく言われました。そこで話したことに少し色をつけて詩にしました。大丈夫、完璧な人間などいない大丈夫、...
中学校カルチャースタンダード

一人で全部やろうとしない

1.後輩の先生の発言 卒業式準備期間での13年目の先生の話です。数学科のA先生としましょう。 とにかくその先生は、担当の先生が複数いても、自分で何でもやろうとします。同じ担当をしている後輩の先生が見かねて、「何をすればいいです...
中学校カルチャースタンダード

担任されている先生へのサプライズで、学校の幸せ感をアップする

1.学校をHappyにしたいという気持ち ここで記事にしたいのは、卒業式でのサプライズのことではありません。 1年生~3年生の学級担任をされている先生への教室でのささやかなサプライズです。 実施時間は、終礼、HR、道徳等の時...
中学校カルチャースタンダード

自分をもつことは、他人からの批判や指摘に無神経になることではない

1.過剰に反応しない。過剰に自分を守らない ある初任者の話です。その初任者が嫌いな先生(以降、A先生)から、授業の方法について、「○○した方がいいと思うけど、どう思いますか?」と指摘を受けた時のことです。 - 2015 / ...
中学校カルチャースタンダード

学年会議の雰囲気をコントロールする

「学年会議がいつも重苦しい雰囲気になる」「決まった人しか発言しないような空気になる」「アイデアが出ず、沈黙が続く」そんなことを経験したことはないでしょうか。会議のルールも大事ですが、それを最大限機能させるポイントは、会議の「楽しい雰囲気」...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました