学年通信

スポンサーリンク
中学校生徒指導・生徒対応

三者面談直前、生徒の安全を確保するためにやるべきこと

「保護者証(身分証)をつけていない人物が、1人でも校内を歩いている」「貸し出し用の仮保護者証を校門や下足ホールの前においておき、保護者に名前を書いてもらい貸し出す。」こんな光景、よくありませんか。言いにくいことですが、これでは保護者証の意味がありません。ポイントは1つだけです。 「生徒の安全を確保できない」 のです。緊急に啓蒙すべきことです。 1.各種通信の例文 ...
学級通信・学年便り

1学期末、2学期末、学年末の学級通信・学年便りで入れたい内容

1.学校方針を確認し、掲載すること20 確認後は、特に気になる内容を学級通信や学年便りで記事にします。 外出時の服装お金の貸し借り友人宅への宿泊望ましい帰宅時間タバコ指導万引き指導自転車指導外出する時は必ず保護者に早寝早起き何時健康教育(飲食、睡眠)熱中症対策女子の夜の一人歩き健康診断(眼、耳、鼻)交通事故遊び(賭け事、花火、地域特有の危険な場所、ゲームセンター、水泳(海水浴))迷惑...
学級通信・学年便り

学級通信や学年便り、保護者に続きを読んでもらえる記事タイトルのつけ方

1.いいことが書いてあっても、記事名(タイトル)が平凡なら読まれない 「記事名(タイトル)」を軽視してはいけません。「とても良いことが書いてあるのに、その記事名(タイトル)が平凡だから読まれない」ことがあります。保護者の方は忙しいのです。「中学校からのお便りだから」と言って隅から隅まで目を通している時間などないのです。プリントを子どもから渡されて、「記事名(タイトル)をパッと見て、続きを読...
授業のネタ

中学生の親孝行を具体的な形にする

「親孝行」は先生が伝える大切なことの1つです。「親孝行を伝える」ためには、その思いを具体的な形にする必要があります。形にするためには、教師が積極的にしかけることです。そして自分自身も、親孝行を積極的にする実践者でいたいものです。 1.学校ホームページ・学年通信・学級通信・日常の会話で伝える親孝行
タイトルとURLをコピーしました