英語で励ますと伝わる時がある|中学校教師の会話術

中学生との会話、英語、元気、勇気、元気づける言葉
生徒との何気ない会話に使う英語を紹介します。
例えば、自信をなくしている英語が得意な生徒に、
「失敗なんか誰でもするんだから、どうどうとしてればいいよ」
と伝えるよりは、
「英語にこんなことわざがあるの知ってる?
Walk tall!
中学校教師、ブログ、記事、人気

どういう意味か分かる?
失敗してもどうどうと胸を張っていきなさいっていう意味^-^」
と話した方が伝わることもあるのです。
10個だけですが・・・。
Allow yourself mistakes.
失敗なんて気にすることないさ。
Almost!
おっしい~~~。
It’s your life.
あなたはあなたの人生を歩めばいいよ。
Its OK to cry.
うんと泣いたっていいんだよ。
Tomorrow is a new day.
明日は明日の風が吹く。
Never mind.
気にしなくてもいいよ。
Step by step!
一段一段
Don’t overdo it!
頑張りすぎるなよ。
Just do what you can!
できることをやるだけだよ。
Walk tall!
堂々と胸をはってりゃいい。