太宰治先生の言葉の「優しい」先生をめざす

スポンサーリンク
Reading Time: < 1 minute
スポンサーリンク

1.優しい先生を目指す

いろいろなタイプの教師がいます。
ここでは少し乱暴ですが、3つのタイプの先生に分けます。
どのタイプも中学校には必要な先生です。
読者の皆さんは、どのタイプの先生を目指しますか。
1.強い先生
2.賢い先生
3.優しい先生

3つ揃っていたら言うことはありませんが、ここでは1つに絞ります。
私は、「優しい先生」を尊敬しますし、目指しています。
後輩の先生にも、「優しい先生になってくださいね」と伝えます。
学年の教師が「優しい先生」の集まりなら、どうしようもないほど荒れることはありません。

スポンサーリンク

2.太宰治先生の言葉

さて、「優しい先生」とは、どのような先生でしょうか。
世界一受けたい授業でも話題にありましたが、小説家の太宰治先生を取り上げます。
「走れメロス」「お伽草紙」「斜陽」「人間失格」など、数々の小説を残しています。
太宰治先生の言葉です。
(※現代の言葉に直しています。)

「私は優という字を考えます。
(中略)
この字をよく見ると、
人偏(にんべん)に、憂(うれ)うと書きます。
人を憂える。
ひとの寂しさ侘(わび)しさ、つらさに敏感な事、
これが優しさであり、
また人間として一番優れている事じゃないかしら」

何か生徒につらいことがあった時、「その生徒の気持ちになる」ということがあります。
そんな気持ちになるには、寂しさ侘(わび)しさ、つらさに敏感でなければならない、そういう人こそ優しい人だということです。
心の底から本当に生徒を思いやる気持ちがなければ、伝わりません。
相手は中学生、敏感に感じ取るのです。
ぜひ「優しい先生」になってください。

タイトルとURLをコピーしました