2015-03

中学校カルチャースタンダード

(雑感)~優しさ~教師にとって最も大切な資質

明日からいよいよ新年度が始まります。 お別れの季節から、出会いの季節へと変わります。 さて、上から目線になってしまいますが、今年度最後のメッセージです。 教師にとって大切な資質を一つだけ答えるとしたら、何と答えるのか。 私は迷わず、「優しさ...
中学校生徒指導

教育相談と生徒指導

1.教育相談< 中学校学習指導要領解説(特別活動編)中の記載 > 教育相談について語られる時に、中学校学習指導要領解説(特別活動編)中の記載がよく引き合いに出されます。 「教育相談は、一人一人の生徒の教育上の問題について、本人...
中学校の先生の働き方・考え方

嫉妬する気持ちを大事にしてもいい

1.嫉妬は健康な感情 「嫉妬は健康な感情ですよ」 私のメンターの先生から言われたことです。その理由を聞いて、嫉妬しているという感情を、どんどん表現しようという気になりました。 例えば、・同僚のB先生が、首席や主...
生徒対応

返報性を生徒指導や教育相談のヒントにする

1.聞いてもらっているから、聞いてあげようという気になる 「A先生は普段から私が言ったことを親身になって聞いてくれる。だから、A先生から何か言われた時、聞いてあげようという気になる」ある生徒が言っていたことです。これを心理学用語で「...
中学校の先生の働き方・考え方

異動した時に、やってはいけないこと

1.思うことを言いすぎないこと 「前任校の中学校の文化に重きをおき、異動先の中学校で前任校の方法が良いと主張する」 これは、完全なNGです。 少しの力とやる気のある先生が陥りやすいことです。 しかしこれでは、異動先の中学校で信頼を得...
中学校カルチャースタンダード

(雑感)大丈夫!

まもなく平成26年度が終了します。本当にお疲れ様でした。先日の打ち上げで、ある優秀な先生から「最近凹んでるから元気づけて!」と冗談ぽく言われました。そこで話したことに少し色をつけて詩にしました。大丈夫、完璧な人間などいない大丈夫、...
中学校の先生の働き方・考え方

「自動思考」について知る

1.自動思考とは 「自動思考」という心理学用語があります。以前に心理士の友人から聞いた言葉です。私は心理の専門家でもありません。なおかつ、思い出しながら記事にしていますので、参考程度に見てくだされば思います。本格的に学ばれたい方は、...
生徒対応

「この教科だけできる」を探し出して褒める

1.「この教科だけできる」を探し出して褒める 例えば、学級に「社会科の評定が3」の生徒が20人いる時。生徒20人の「3」に対する思いは、それぞれ違います。・社会以外は4の生徒の「社会科の3」・2、3、4がある中での「社会科の3」・オ...
生徒対応

いろいろな先生が、いろいろな角度から光を当てるからいい

1.いろいろな先生が、いろいろな角度から光を当てるからいい いろいろな先生が、いろいろな角度から生徒に光を当てるからいいのです。だからこそ、光の当たられなかった部分にも、光を当てることができるのです。 2.自分の感覚も...
中学校カルチャースタンダード

一人で全部やろうとしない

1.後輩の先生の発言 卒業式準備期間での13年目の先生の話です。数学科のA先生としましょう。 とにかくその先生は、担当の先生が複数いても、自分で何でもやろうとします。同じ担当をしている後輩の先生が見かねて、「何をすればいいです...
中学校の先生の働き方・考え方

(雑感)卒業式に備えて、前日は早く寝る

明日は多くの中学校で卒業式があります。大きなお世話かもしれませんが、Bestな状態で明日を迎えられるよう、今日は早く寝てください。~もうすぐ春です~来週が卒業式の中学校の先生は、前日早く寝てください。もう既に終了している中学校の先...
生徒対応

「言語的コミュニケーション」<「非言語的コミュニケーション」

1.非言語コミュニケーションとは 非言語コミュニケーションとは、文字通り、「言葉に頼らないコミュニケーション」です。表情・身振り・しぐさなどがそれにあたります。 例えば、生徒と話をする時。話している内容の他に大切なことがありま...
中学校カルチャースタンダード

担任されている先生へのサプライズで、学校の幸せ感をアップする

1.学校をHappyにしたいという気持ち ここで記事にしたいのは、卒業式でのサプライズのことではありません。 1年生~3年生の学級担任をされている先生への教室でのささやかなサプライズです。 実施時間は、終礼、HR、道徳等の時...
中学校の先生の働き方・考え方

2年目の先生が考えること

1.1年を終えて まずは、1年間お疲れ様でした。初任者研修を終えられる先生から、いくつか感想をもらいました。・あっと言う間だった。・自分の力のなさを痛感した・休む暇がなかった。・楽しい1年間だった。・思い通りにならないことが多かった...
3月と4月の授業

中学校生活最後の1週間は、生徒の持ち味を褒める

多くの中学校で、今週卒業式があります。中学校生活最後の1週間、生徒の持ち味を褒めるのです。一人一人の持ち味です。それを声に出して、しっかり生徒の顔を見て、一人一人に伝えるのです。休みの時間でもよいでしょう。最後のHRなどでもいいでしょう。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました