中学生の成長レクに必要な3つの活動

Reading Time: 1 minute

成長レクに必要な活動は、3つあります。

・作戦会議タイム

・勝利者インタビュータイム

・まとめタイム

です。

この3つの活動とメインのレクリエーションタイムがつながり、成長レクとなります。

36人学級、4人班×9グループでの課題解決型の成長レクを想定しています。

作戦会議タイムについて

課題解決のために、グループ内で知恵を出し合い、作戦を立てます。

基本は、いきなり話し合いでも大丈夫ですが、グループがシーンとなりそうな雰囲気であれば、最初のうちは、自分の意見を紙に書かせてから、話し合いという流れでもいいでしょう。

勝利者インタビュータイムについて

勝ったチームのメンバーに勝因を聞きます。

「●●さんが、●●してくれたから良かった」

みたいなコメントを引き出せるようにしましょう。

生徒同士のインタビュー形式でやっても面白いでしょう。

望ましい行動に焦点を当てることにより、行動をより意識していきましょう。

まとめタイム

活動全体での望ましい行動を、先生が主導してシェアします。

「さっきインタビュータイムで、●●さんが、●●さんの●●なところが良かったって、言ってましたよね。同じようなことを班のメンバーに感じた人、手を挙げてください。」「そうですよね。中学校は、担任の先生がいない方が圧倒的に長くなります。その時に、今日の活動を思いだして●●」

無口な生徒が、グループでの話し合いに参加することは、難しいことです。

課題解決を通したコミュニケーション能力を向上に必要なことは、安心してストレスなく話せることです。

一人ひとりのいい部分に焦点を当て、単なる盛り上がるだけのレクリエーションにならないように、工夫していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました