やること

スポンサーリンク
学級担任

中学校で学級担任になったら最初に考えること 2019年度4月版

1.この記事で伝えたいこと この記事は、かつて担任をしていて、中学校の先生になった大事な教え子が、「○○先生(私のこと)、担任になったら、何から始めたらいいですか?」と質問してきた時に、心を込めて伝えたことです。かなり上から目線になっていますが、許してください。最初に断っておきます。この記事は、「やること」をまとめた記事ではありません。「やることをまとめた本やサイト」が既に世の中に...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

異動した時に、やってはいけないこと

1.思うことを言いすぎないこと 「前任校の中学校の文化に重きをおき、異動先の中学校で前任校の方法が良いと主張する」 これは、完全なNGです。 少しの力とやる気のある先生が陥りやすいことです。 しかしこれでは、異動先の中学校で信頼を得ることはできないでしょう。 「思うことを言いすぎない」 最初のうちは、このような感覚も必要です。
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

中学校初任者が最初の1週間で考えること、必ずやつておくこと

1.4月最初の1週間が大切な理由 中学校の初任者が、4月に着任してからすぐの過ごし方(特に最初の1週間)は極めて重要です。生徒が学校に来る前に、どのような準備をしておくのか? まずは、よくある失敗例です。4月1日、辞令を受け、勤務する中学校へ初めて行くことになります。多くは、職員会議での挨拶から始まるでしょう。その後、そのまま職員会議に参加することになります。その職員会議は、...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

2学期末までに考えること

自分の好み、各中学校の実態に応じて、厳選して実施してください。 「こんなんできるかーっ!」というものもありますので、、、。 <<1.冬休みの生活記録表・宿題一覧表の作成 >> 平成26年度(2014年度)版です。冬休みの生活記録表をPDFファイルで表示冬休みの生活記録表ワードファイルダウンロード 冬休みの宿題一覧PDFファイルで表示冬休みの宿題一覧...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

学んだことを次にうまく使えるようにするコツ

1.学んだことを次にうまく使えるようにするコツ 研修等で学んだ後にやっておくべきたった1つのこと・・・、=「家に帰ってノートにまとめたり、貼りつけたりすること」正解です。その作業をする時、「学んだことを次にうまく使えるようにするコツ」があります。後輩教師に「研修を受けて学んだこと」を共有できるように、まとめたり、貼りつけたりするのです。極論すれば、完成したノートの見開きのコピーがそのまま共...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

GW直前~GW中にやっておくこと

ゴールデンウィーク直前~ゴールデンウィーク中にやっておくことをまとめました。当たり前すぎることも入っていますが、よろしければご参考になさってください。また、すべての項目をすると時間がかかります。自分のできる範囲で、やってみたいことを中心に選択して実践してくださいね。 1.授業の仕方、生徒対応、保護者対応、仕事の方法の振り返り 「振り返り」は重要です。自分を振り返る時間がなければ、つら...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

4月から先生になる方が準備しておくこと

不安で仕方がないという方もたくさんいらっしゃると思いますが、この記事がほんの少しでも安心できる材料になれば幸いです。中学校に行ってすることを列挙すればきりがありません。ここでは、とりわけ赴任後最初の1週間で「意識すべきこと」や「やるべきこと」を書きます。
授業アンケート

最後の授業はアンケートをとって次年度につなげる:実物資料

1.最後の授業のアンケートの目的 私は最後の授業で10分ほど使ってアンケートを実施していました。 (残り40分は、自分の専門教科で伝えたいメッセージを授業にしました。) アンケートの目的は、 「次学期の授業に活かす」 ことです。 アンケート終了したら、その日のうちにチェックします。 早急に対応しなければならないことを書いていることがあるからです。 アンケート作成のポイントは、...
タイトルとURLをコピーしました