学年便り一覧

学級通信(学級便り)を多く早く正確に書く22の方法|中学校

<目次> 1.学級通信を発行しなければならない理由を知る 2.第1号(創刊号)や4月当初の学級通信に必要な内容 3.学級通信や記事のネーミングを軽視してはいけない 4.学級通信の名前はこう決める 5.簡単に100号以上発行するための技 6.書く内容は「いいこと9、悪いこと1(なければ0でいい)」 7.抽象的な表現から具体的な表現へ 8.1週間単位で、クラスの生徒全員の名前を入れる 9.紙媒体でいったん出力して文章を読む 10.文章は時間をおいて見直す 11.第三者に見てもらう 12.写真を入れる 13.記事を読んだ後、生徒や保護者に「どんな気持ちになってほしいか」を考える 14.ワードの文章更正機能を使う 15.流行りの出来事を入れる 16.本当に担任がそう思っていることや経験したことしか伝わらない 17.学級通信の完成度をさらにアップさせるための当たり前すぎる方法 18.学級通信に加えて、学年通信も発行してもらう 19.とにかく多くの文章を書くこと 20.写真入りの学級通信や学年便りを短時間で作成するコツ 21.学年通信・学級通信テンプレート(写真1~8枚用)|ダウンロード 22.その他知っておいてほしいこと

スポンサーリンク