自分をもっている先生は、明るい未来を手に入れる

「自分をもっている先生は、明るい未来を手に入れる」
2015年の本ブログのテーマです。
2014年は「中学校教師の仕事のヒント」でした。
年が変わったので、新たなテーマを設定しました。

自分をもっている=信念、とは少し違います。
信念を少し説明すると、
・自分が正しいと思っていること
・「信念を貫き通す」「確固たる信念」のような使い方
となります。
春野は「自分をもっている先生」という言葉を、そのような固いイメージで今回使っているのではありません。
普段の生活見ていると、ほんわかしていて、ゆるい感じのある先生だけど、
「あの先生は、自分をしっかりもっている」
と言われるような先生です。
「芯がある」「いざという時心強い」「自分軸」「ブレない」などがキーワードです。

応援の空、2015 / 2nd Stageのはじまりです。
新年早々、偉そうなことを書いています。

(画像クリックで拡大表示となります)
自分をもつ、先生、教師像

~自分をもっている先生は、明るい未来を手に入れる~

“ 自分をもっている先生 ”
新しい時代の先生像だ

自分をもっている先生といると楽しい
理由は簡単だ
周りの影響を受けず、楽しく生きているからだ
いつも笑顔でいるからだ
多くの人がそんな先生に集まっていく
そんな先生と一緒にいると幸せになれる

自分をもっている先生は強い
たとえ理不尽教師に何か言われようと、
バカにされようと、
軽く扱われようと、
「で?(笑顔)」
と切り返せるのだ
だから、周りは安心して過ごすことができる
だから、一緒に仕事をしたくなる

自分をもっている先生は謙虚だ
「自分はまだまだ」と思っているから、どんどん勉強する
人からも多くのことを学ぶ
これが次の強さにもつながっていく

自分をもっている先生は自分基準だ
他人の目も気にしない
そんなものはスルーできる強かさがある
噂話にも興味がない
噂話は所詮噂話であることを知っているからだ

自分をもっている先生はカッコいい
さりげなく、誰も気づかないような形で周りを守る
すべてが終わったあと、その先生のおかげだと気づく

自分をもっている先生のいい部分をあげればきりがない
自分をもっている先生は、明るい未来を手に入れる
——————————–
今年も春野はこのブログからあなたを全力で応援します。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
春野伸一