中学校の先生の働き方・考え方

中学校の先生の働き方・考え方

人の話を聴くのが苦手な先生に試してほしいこと

この記事は次のような先生に向けて書きました。・他人との会話で、自分の話す量が相手よりも多くなってしまう先生・「一度は相談に来るのに、それ以降、何も言いに来ない」と思うことが多い先生・聴く力をつけたり、聞く姿勢を見直したい先生私は、まったく...
2021.09.28
中学校の先生の働き方・考え方

保護中: 【メルマガ読者限定】さる先生を批判する教員は、極めてカッコ悪いし、見ていて恥ずかしい。(PWはメルマガ読者の方に送付しています)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
2021.03.26
中学校の先生の働き方・考え方

Twitterをチェックしない教員は、管理職になってはいけない

Twitterから始まった学校の変化 部活動改革、働き方改革、授業の考え方、学校教育の当たり前を疑っていくこと・・・。 7年ほど前からTwitterを注視していますが、これらのことはすべてTwitterから始まっていま...
2021.07.30
中学校の先生の働き方・考え方

働く先生の感性を豊かにするブログ「SENSEI×DESIGN-LABO(あお先生)」

中学校の先生をしているなら、ぜひ見てほしいブログがあります。ブログ名は、「SENSEI×DESIGN-LABO」です。 です。あお先生という小学校の先生が書かれています。私は、あお先生と会ったことも話したこともありませんが...
中学校の先生の働き方・考え方

私が「熱意」よりも「思い」で働く理由

「熱意」よりも「思い」で働く 私は初任者によく使う言葉です。熱意がダメということではありません。そもそも比べることでもありませんからね。 辞書的な意味は、「思い」心がその対象に向かって働くこと。その内容 。「熱意」物事...
中学校の先生の働き方・考え方

子どもの幸せのために、世界の平和のために、これからも私は働く

(この記事はイキって、関西弁で書きます。いや、書くで。なんてったって、大阪のおっさん先生やからな。中学校のおっさん先生が好き勝手にえらそーに書いてる記事やから、読んでくれたとしても、読み飛ばしてや。めっちゃ長いで。しかも、言いたいことは1...
2019.04.02
中学校の先生の働き方・考え方

3年目までの先生を見れば、良い学校か悪い学校かがすぐ分かる

1.良い学校の特徴 「職員室に少しでも入れば、良い学校か、悪い学校なのか、すぐに分かる」先生ではありませんが、中学校に出入りすることのある私の親友が言っていたことです。理由を聞いて、なるほど、と思いました。 「3年目ま...
2019.03.31
中学校の先生の働き方・考え方

「経験の豊かさ」は、「経験した年数」だけでは決まらない

1.「経験年数が長いこと」と「経験が豊かなこと」はイコールではない 「えっ?そんな当たり前のこと?」と思われるかもしれませんが、「経験年数が長いこと」と「経験が豊かなこと」は同じではありません。ついでに言うと、「経験年数が長...
2019.04.13
中学校の先生の働き方・考え方

学年主任で中3担任で男性教師でも、育児休暇を取ればいい

(この記事は少し、荒い言葉を使っています。悪しからず)2014年に次の記事を書きました。育休・介護休暇などを誰もが気持ちよく取得できる職員室にするこの記事を書いてから、もう5年が過ぎました。さらに時代は進んでいます。 誰にも...
中学校の先生の働き方・考え方

「ミニ賞状」を学年所属の先生へ渡し、ハッピーエンドで学年を終える

飾り枠は著作権の関係で省略しています 1.「ミニ賞状」を渡す理由 主に学年主任の方に向けた記事になります。内容は、記事タイトルに書いてある通りです。節目において人は素直になれるものです。学年主任をしていた頃、あまりいい関係を築...
2019.04.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました