春野伸一

学級担任

「他の先生への感謝の思い」を生徒へ積極的に伝えることで起こる変化

「他の先生への感謝の思い」を生徒へ積極的に伝えることは、大切なことです。良いことしかありません。この数年、特に意識して私は「他の先生への感謝の思い」を 生徒の前で伝えています。 よく話をするのが、「この教材、誰が作ってくれた...
学級担任

「本音何%グループワーク」で本音を話せる学級づくりをする

「(相手のことも、言い方も考えて)本音で何でも言い合えるクラスをつくりたい」そんなことを思っている先生方も多いと思います。私もそうです。言いたいことを言えず、我慢ばかりする生徒を増やしたくありません。「相手を傷つけずに本音を言えるようにな...
中学校生徒指導

新学年当初、最初に授業態度が悪くなったときを見過ごしてはいけない

生徒指導上、問題のある生徒が最初に問題行動を起こしたときが勝負です。この対応で、1年間が決まります。 よくあるのが、担任の前では(無意識のうちに我慢して)「良い子」を演じていて、特定の教科や先生になれば、授業態度が悪くなる生...
学級レクリエーション

中学生の成長レクに必要な3つの活動

成長レクに必要な活動は、3つあります。 ・作戦会議タイム ・勝利者インタビュータイム ・まとめタイム です。 この3つの活動とメインのレクリエーションタイムがつながり、成長レクとなります。 36人学級、4人班×9グループでの課題...
生徒対応

中学生にブラックホール撮影成功のすごさを語る

アインシュタインが一般相対性理論で存在を予言して(証明して)から100年。ようやくテクノロジーがアインシュタインに少しだけ追いつきました。 図鑑、教科書、宇宙のDVD等々、今まで見てきた「ブラックホールの姿」は、すべて想像図やイラス...
生徒対応

何にするか決断を迷っている中学生に、アドバイスする5つの言葉

どちらにしようか(どの方法にしようか)迷っている中学生に、決断の仕方についてアドバイスする言葉が5つあります。 1.「どんな結果になろうが、後で後悔しない方を選びなさい」 2.「自分をより成長させてくれる方を選びなさい...
生徒対応

感謝の心の指導のポイント~育てるよりも忘れさせないこと~

感謝の心は、 「育てること」よりも「忘れさせないこと」 が、指導のポイントです。 生徒は、感謝しないといけないことは分かっています。しかし、それを意識しない生活が続くと、忘れてしまいます。感謝の心が育っていないの...
生徒対応

何かに挑戦して、結果の出なかった中学生に対してできること

何かにチャレンジして、結果の出なかった生徒が・落ち込んでいる・自分に自信がないくなっているそんな時に、・「君なら大丈夫」と言っても効果がない・「君ならできる」と言っても自分を信じられない そのような生徒に対し、私がよくする質問があり...
学級担任

2019年4月に、「2020年3月学級最後のHRでの感想文」をイメージして書かせる

「2020年の3月、卒業式前日のHRで、どのような感想をもっていたいですか?その時のイメージをしっかりもって、感想を書いてください。」私が、2019年4月に中学3年生に質問したことです。多くの生徒は次のような文を書きます。 ...
学級レクリエーション

学級レクの2つの目的を知れば、学級は飛躍的に成長する

1.学級レクの2つの目的 学級担任が学級レクをする目的は、2つあります。 ・学級を盛り上げることを目的とした「盛り上げレク」 と ・学級を成長させることを目的とした「成長レク」 です。 2.「盛り上げレク」...
保護者との関わり

最初の学級懇談会で準備すること 中学校の先生向け

この記事は、次のような先生に向けて書きました。・4月にある学級懇談会で何を話したらよいか分からない先生・話す内容はだいたい決まっているけど、どのような話し方をすればよいか、分からない先生 また、この記事の最終的な目標は、・保護者の方...
学級通信・学年便り

文字だらけの学級通信を改善する方法

写真やイラスト、生徒の作品等がなく、文字ばかりの学級通信になる時がどうしても出てきます。そんな時に使える学級通信のデザインのコツです。 この構成なら、 文字を見るのが苦手な生徒でも、「文字ばかりで見ない」から「上の部分だけでも見る」に変わ...
授業のネタ

JAXA はやぶさ2プロジェクトを中学生に語る

今日は久々の時事ネタです。 「JAXA はやぶさ2プロジェクト」が進行中です。 今日(2019年4月5日)、小惑星「リュウグウ」への弾丸衝突に成功しました。 中学生に夢や希望を持たせるには、最高のニュースです。 以下、語りの内容です。 ...
生徒対応

私が「熱意」よりも「思い」で働く理由

「熱意」よりも「思い」で働く 私は初任者によく使う言葉です。熱意がダメということではありません。そもそも比べることでもありませんからね。 辞書的な意味は、「思い」心がその対象に向かって働くこと。その内容 。「熱意」物事...
授業力向上

私が初任者だった時、「初回の授業の大失敗」で学んだこと

この記事は次の先生に向けて書きました。 ・3年目未満の中学校の先生 ・3年目未満の先生のフォローをする余裕がある中学校の先生 今日は、早く帰ってこれたか?3日目のお勤めご苦労様。 職員室に幻滅してへんか?理解できない内容が多い...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました