思考法

スポンサーリンク
思考法

複眼思考を意識して、他者の気持ちを理解する

1.複眼思考とは 複眼思考というは、他者の視点に立って、物事を思考することです。 「保護者の視点に立って」 「生徒の気持ちになって」 よく使われる言葉ですが、これは「 複眼思考」の考えです。 俯瞰思考とは違うので、区別して考えてください。 2.子どもを取り巻く大人の存在 学校の先生で言うと、他者の視点というのは、例えば、 ・後輩の先生 ・先輩の先生 ・年齢...
思考法

セレンディピティ~素晴らしいアイデアが浮かぶ先生の習慣~

1.何もしないのに、突然アイデアが浮かぶことはない 何もしないのに、突然アイデアが生まれることはありません。「道を歩いていたら突然アイデアがひらめいた」こんなことをよく聞きます。これには理由があります。それまでに、多くの時間、そのことについて思考していたからです。それを何日も何週間も何カ月も続けている先生が、「ある日突然ひらめく」のです。 2.セレンディピティ を知る ...
思考法

認知バイアスを理解し、公平な中学校の先生を目指す

認知バイアスとは 例えば誰かに何かを指摘されたとき、言われる人によって、捉え方が変わることはないでしょうか。 「信頼している先生」から言われれば、「確かにそうだなぁ」と感じます。 「嫌いな先生」から言われると、「お前に言われたくない」と感じます。 これは「認知バイアス」がある状態です。 認知バイアスとは、思い込みや先入観によって、同じことを言われても(同じ現象があ...
思考法

中学校の先生の思考力・判断力をアップさせるMBA思考法15

(画像はそれぞれ横にスクロールできます) 0.MBA思考の記事を書いた理由 「思考の型の引き出しを多くもつ」「その引き出しを引き出しやすい状態にする」私は日ごろから考えていることです。例えば、多くの先生が使っている「PDCA」これも、MBAで教えられている(MBAに必要な)思考法の1つです。(MBAとは、MBAとは、Master of Business Administrationの...
タイトルとURLをコピーしました