道徳

中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

「はしの うえの おおかみ」中学生も先生も、思いやりは思いやりで学ぶ

「思いやり」はこれからの働き方を考える上で大切なキーワードです。「思い遣り」と書くこともあります。「思い」を「遣る」で、「他人に思いを馳せること」、というような説明がなされることもあります。どうやったら生徒がこの「思いやり」をもてるように...
2019.03.26
中学校生徒指導・生徒対応

忘れられない体験「飼育ケースのアマガエル、死んでるよ」

生き物の命の大切さを伝えたい時の語りです。中学校道徳の内容項目で言うと、3 主として自然や崇高なものとのかかわりに関すること。 (1) 生命の尊さを理解し、かけがえのない自他の生命を尊重する。になります。ここからスタートです。 1....
2019.03.26
授業のネタ

高橋尚子選手「声援が私の背中を押してくれました」を中学生に5分で語る

1.国民栄誉賞 5分で語るシリーズ第2弾です。今回は、高橋尚子選手です。道徳の内容項目の「2 主として他の人とのかかわりに関すること。(6) 多くの人々の善意や支えにより、日々の生活や現在の自分があることに感謝し、それにこたえる。」...
2019.03.26
授業のネタ

上村愛子選手「なんで一段一段なんだろう」を中学生に5分で語る

1.使用場面 HRや道徳、各種便りで、「コツコツやること」や「結果が出なくても前向きになるような頑張り方をすること」の大切さを中学生に語る時に使ってください。 2.上村愛子選手の言葉 オリンピックには忘れられないセリフが...
2019.03.26
授業のネタ

パワポで創る道徳授業 ノーベル平和賞マララさんのスピーチより

多くの先生が、新聞記事等で生徒に紹介したのではないでしょうか。さて、春野もマララさんを切り口にした授業を創りました。教材作成は、「旬な人物やネタを中学校で道徳授業にする方法~錦織圭選手を例に~」に基づいています。 1.道徳の内容項目...
2019.03.25
中学校生徒指導・生徒対応

行事終了後、気持ちの切り替えができない生徒に伝えること「切り替え力」

今回は、「○○祭」が終わったのに、いつまでたっても「勉強モード」にならない生徒に焦点を当てます。 1.授業例(前半) (「切り替え力」と板書する。)皆さん、切り替え力って知っていますか。意味は、そのままです。切り替える力のこと...
2019.03.25
授業のネタ

旬な人物やネタを中学校で道徳授業にする方法~錦織圭選手を例に~

道徳の指導案や資料はとても充実しています。現場の先生方の実践、文部科学省の資料、民間教育団体の資料などなど・・・。どれを使ったらよいのか分からないくらい多くあります。その一方で今回記事にしている「旬な人物」「旬なネタ」については、道徳の授...
2019.03.25
授業のネタ

中学生との対話で話題にしたい偉人50人

1.偉人を授業する基本の型 偉人を授業する基本の方には、1.写真の掲示を提示(白黒でもよい)して、「誰でしょう」2.その人物の簡単に説明する。3.切り口にしたい一言を(  )形式で黒板に書き、発問にする。例:ガンジーの名言です。「(...
2019.03.23
授業のネタ

2014/5/26(月)朝のSHR、なでしこJAPAN優勝を熱く語る

1.試合の様子 なでしこJAPANの活躍は凄すぎます。見ていて、まったく飽きません。オーストラリア戦、あまりにも感動したので、急遽なでしこJAPANの記事に差し替えました。なでしこJAPANの選手の動きに毎回熱くなります。ベトナムと...
2019.03.23
授業のネタ

アジアカップ準決勝中国戦を5分で語る|中学校|

1.目的 アジアカップ準決勝の中国戦、日本は劇的なゴールで勝利をおさめました。これを試合の翌日、2014年5月23日に、生徒に語る内容です。語った後、生徒にもってもらいたい気持ちは、「みんなを信じて全力で勝ちに向かって戦うこと、その...
2019.03.23
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました