何にするか決断を迷っている中学生に、アドバイスする5つの言葉

Reading Time: 1 minute

どちらにしようか(どの方法にしようか)迷っている中学生に、決断の仕方についてアドバイスする言葉が5つあります。

1.「どんな結果になろうが、後で後悔しない方を選びなさい」

2.「自分をより成長させてくれる方を選びなさい」

3.「自分が笑っていることをイメージできる方を選びなさい」

4.「保護者の笑顔がイメージできる方を選びなさい」

5.「『チャレンジした!』と言える方を選びなさい」

生徒がどの選択肢を選ぶにせよ、基本的な考え方は、自己決定を促すことです。
どのような選び方をすれば、その生徒がより積極的に決断できるのか。
そのようなことを考えて、1~5のうちどれかをアドバイスします。

例えば、次のような場面で使うことができるでしょう。

・高校入試で、2つの高校から1つを選択するとき

・生徒会会長や代議員に立候補するかどうか迷ってるとき

・部活動を続けるかやめるか迷っているとき

・入塾するかしないか、迷っているとき

・(トラブルのあった友達に)電話するかどうか迷っているとき

さて、アドバイスした後は、さらに背中を押してあげることも大切です。
また、声をかけ続けてあげることも必要です。

春野伸一のメルマガ
ブログには書けない尊敬している先生、参考にしている本、思ったこと、考えたことを好き勝手に書いているメルマガです。どうでもいいことをメールされても大丈夫な先生はどうぞ!平日配信です。

スポンサーリンク





スポンサーリンク