中学校一覧

中学校初任者の働きやすさは、残念だが「運で9割決定する」だから今のうちに考えておくこと

・どこの会社だって、入った環境や運に大きく左右されるもの。ただそんな時に、自分がどのような考えをもっていたら、その環境や運に適応できるようになるのか。 その答えのヒントとなることを本記事で示せたらと思います。

中学校で学級担任になったら最初に考えること 2019年度4月版

この記事は、中学校の先生になった大事な教え子が、 「○○先生(私のこと)、担任になったら、何から始めたらいいですか?」 と質問してきた時に、心を込めて伝えたことです。 ・「ToDo」は選択と集中が基本 ・本の選び方、冊数、読み方、ToDoの作り方自体も創意工夫が必要 ・「やること」の決め方にも焦点をあてること

中学校 授業力向上のための115の方法と視点

この記事で用いている「授業力」とは、 ・「生徒が『分かりやすい』『面白い』 と感じる授業」をできる力 ・生徒に「高校入試、統一テスト、実力テスト、定期テスト」 で得点を取らせることできる指導力 です。目次 1.授業力とは 2.授業の基本と考え方 3.勉強法 4.3月と4月の授業 5.問題集の選び方と使い方 6.授業アンケート 7.定期テストと実力テスト 8.入試対策 9.ノート指導 10.授業のネタ 11.教科通信 12.学習計画表 13.中学校学習指導案

教員間の意思決定に上下関係もミドルリーダーも必要ない

彼らの自由で伸び伸びした思考を固く束縛しているものがあります。 「上下関係」と「ミドルリーダーの指導」です。 これからの時代、職員室にミドルリーダーも上下関係も必要ありません。「新しいことをやるなら、その分何かを止めなければ、やることがどんどん増えていく」 のです。 だから、「新しい提案」は「何かを廃止する提案」とセットが原則なのです。 自分の存在意義を示すような管理的な仕事は必要ありません。

NO IMAGE

年度末、中学校で効果的・効率的に1年間の総復習をする方法

「見せておしまい」では、効果も半減します。 私の方法は次の通りです。 (1)B5用紙(白紙)を配布する (2)生徒への指示「分かったことを箇条書きにします」 (3)クリップ視聴 (4)回収して、高速で生徒の成果物を表示(名前を分からないようにして) (5)生徒への指示「分かりやすく書いているものに挙手します」

中学生にも賞品を出して、教科の知的好奇心を高める

私は、教科の単元導入時にミニクイズ大会をすることがあります。 上位3位くらいまでに賞品を準備しています。 学校で賞品をわたすことには、賛否両論あるところですが、私は賛成派です。 賞品でやる気を出す生徒がいたからです。 教科そのものを好きになった生徒がいたからです。 それがすべてです。

スポンサーリンク