仕事術

スポンサーリンク
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

研修や会議、次の行動へつなげるメモの取り方

1.メモの取り方 職員会議、学年会議、○○教科研修、○○教育研修、さまざまな会議や研修があります。その時に、多くの先生が「メモ」をとっています。そのメモを取る時のポイントです。「メモをどのように使うのか」という目的がなければ、後に役立てることができません。「メモをした資料をファイリングしたけど、まったく使わずに、年末の書類の整理で廃棄した」では、もったいないのです。「たかがメモ」でも、目の...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

結果なんて残せなくても、信頼を得ることはできる

「結果を残して信頼を得る」「一生懸命にやっている過程を示して信頼を得る」そんなことを言うつもりはありません。「結果を残せない時」も「一生懸命にできない時」もありますから。そういう先生が「信頼を得られない」なんてことは、ありません。もうご存知かもしれませんが、1つだけ方法を紹介します。 単純ですが、 期待されている以上のことをする のです。「期待されている以上のこと」と聞...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

仕事の内容によって、やり方を意識的に変える

1.職員室の椅子に座ってしない方がはかどる仕事 「職員室の椅子に座らずにできること」は、職員室の椅子に座らずにするのです。「職員室の椅子に座らずにできること」もっと言えば、「職員室の椅子に座らずにする方がよいこと」を意識するのです。そうすれば、・骨太の提案・アイデアが必要な計画・いつもPCに向かって考えながらやっている長時間の作業をより短い時間で仕上げることができるのです。 私は仕事...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

デスクトップの整理の基本

極端な例ですが、デスクトップがこんな感じになっている先生は、仕事の効率が悪くなっているかもしれません。 今回は、振り分け用のフォルダを添付しました。これを利用して散らかっているファイルを分類していきましょう。 1.デスクトップを整理する理由 以前私は、「年度末、書類・データの整理方法(中学校教師版)」で次のようなことを記事にしました。上記記事からの抜粋です。 目次...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

NotToDoリストを作成して、ほんの少しでも早く学校を出る

1.基本はToDoリスト 「ToDoリスト」を作成している方は多いと思います。やることをメモや手帳、付箋に書き込む仕事術です。教師のみならず、社会人の仕事術の基本中の基本です。この方法の利点は、・やり忘れがない・見える化しているので、どれだけやったかがすぐに分かる。また、どれだけ残っているかが分かる。・優先順位をつけることができる。などです。もちろん私も活用しています。しかし、「生徒のため...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

中学校の先生も、ビジネスコーナーにある仕事術の本を参考にする

1.ビジネスコーナーの仕事術の本を参考にする 書店の教育書コーナーに行くと、多くの「教師の仕事術」の本が出版されています。 それに加えて、ビジネスコーナーの仕事術の本を参考してはいかがでしょう。 できれば大型書店がいいでしょう。 実際に見て、自分に合ったものを探してください。 近くになければ、ブックストアでもいいでしょう。 本を読みながら、できることを読みながら書き込んでいく...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

「子どものため」を判断基準にしない

1.「子どものために」を判断基準にしない 先生が意思決定する時の魔法の言葉?があります。 「子どものためになる」 です。 この言葉がNGなのではありません。 この言葉が教師の判断能力を鈍らせている場合か多いからです。 「子どものために」 そんなことは当たり前です。 この言葉を「判断基準」として使ってしまうと、すべて「やる」ことが前提になってしまいます。 だからこそ、何かをやるかやら...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

他の先生を注意深く観察して、授業力アップ・校務の効率化を図る

もし可能なら、他の先生を観察してみましょう。多くの発見があります。観察する教師は、・役職が上の教師・いつも早く帰る教師・いつも帰るのが遅い教師・授業の評判がいい教師です。 ・役職が上の教師を観察する理由 役職が上の教師とは、例えば、学年主任、主幹教諭、首席、教頭先生、校長先生などです。この中から、一番尊敬できる先生を観察します。「そうやって他の教師に伝えたらうまくいくのか」「...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

「チーズはどこへ消えた?」は教師の痛いところをついている

十数年前にベストセラーになった「チーズはどこへ消えた?」(スペンサー・ジョンソン著、扶桑社)を久々に読み返しました。 教師用に書かれた本ではありませんが、かなり痛いところをついています。 二人の小人と二匹のネズミが、「迷路」の中で「チーズ」を探すというストーリーが展開されます。 「チーズは一般に人生で求めるものの象徴」、「迷路はチーズを追い求める場所の象徴」という設定です。 チーズを探す最中に...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

GW直前~GW中にやっておくこと

ゴールデンウィーク直前~ゴールデンウィーク中にやっておくことをまとめました。当たり前すぎることも入っていますが、よろしければご参考になさってください。また、すべての項目をすると時間がかかります。自分のできる範囲で、やってみたいことを中心に選択して実践してくださいね。 1.授業の仕方、生徒対応、保護者対応、仕事の方法の振り返り 「振り返り」は重要です。自分を振り返る時間がなければ、つら...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

忙しくても大丈夫な先生、忙しかったら力を発揮できない先生

1.忙しい先生の状態には2通りある (本記事は、業務の総量が多いことには触れていません)忙しいことは問題ではありません。忙しくて、仕事の完成度が低くなったり、ふだんしないミスをしたり、周りが見えなくなること、が問題です。忙しい人には仕事が集中します。たくさん仕事があるのに、それを余裕でこなしているようにみせます。忙しそうにも見えません。ミスもほとんどありません。結果として、さらに仕...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

中学校の先生が使う文房具30選

「効率よく事務作業をこなす」これは、誰もが目指すことです。ここでは、私が職員室の机の引き出しに入れていたものを紹介します。 若い先生の方が、いいものをよく知っているかもしれませんが、、、。 ・一筆箋 使用方法は、「ありがとう」だけじゃ物足りない!ほんの少し気持ちを付け足す方法で記事にしています。 ・はってはがせるスティックのり もう知っている先生もい...
中学校進路指導主事

進路指導主事になったら最初に考えること

進路指導主事の仕事は、「ミスなくやって当然」と思われてしまう職務の1つです。にもかかわらず、「ミスを犯すを大変なことになってしまう」職務でもあります。経験を重ねることで、より短時間で仕事が済むようにはなりましたが、「気を緩める」ことはできませんでした。昨今の教育問題は、「油断」から生まれることも多くあります。数多くの実績を残してきた教師でも、
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

授業時間中にできる仕事は授業時間中にする

多くの中学校教師は、授業時間内(1時間目~6時間目)にできることを放課後にしています。 だから、帰るのが遅くなります。 小学校で仕事術を工夫している教師は違います。 特に、子育ての経験がある女性教師はそうです。 基本的に、授業時間中にできる仕事は授業中にしています。 本当に感心します。 さて、中学校教師でも授業中にできることがたくさんあります。 授業時間内にと言っても、「授業時間内の空き時間」の...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

100%の完成度で明日提出するか、80%の完成度で今すぐ提出するか

1.80%の完成度でも今すぐ提出するのが基本 何か仕事を頼まれた時、どのように進めていくのかは、今後の教師生活に大きく影響します。 100%の完成度で明日提出するか、80%の完成度で今すぐ提出するか? これも大事な判断基準の1つです。 よほど制約条件がない限り、 「80%の完成度でも今すぐ提出する」のが基本です。 極論すれば、 「50%の完成度」でも、提出するのです。 2.完成度が...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

まずは1つ、他の中学校教師に負けない分野をもつ

1.すべては1つの分野から始まった 教師をやっていると、「どの分野の仕事もできる」教師に出会います。しかし、その教師は最初からそうだったわけではありません。例外なく、1つの分野から始まっているのです。私の場合は、パソコン分野(ICT教育ではない)でした。私は以前ソフトウェア会社で働いていたことがありました。そんなこともあり、最初にいただいた学年分掌は「情報教育」でした。十数年前は、今のよう...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

スマホへの手書き入力で、早くメモする方法

1.iphoneアプリ 「SpeedText」は、40代教師の私には便利なツール 今回は、以前より使用しているiphoneアプリを紹介したいと思います。「SpeedText」とうアプリです。いろいろ試しましたが、これが一番効果的にメモできました。このアプリのポイントは、「手書き入力」だということです。アプリを起動してすると、画面半分に、手書きパッドが出現します。そこに、指先で、必要なメモ...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

プレイングマネジャーとして行動できる

1.プレイングマネジャーとは プレイングマネジャーとは、プレイヤー、マネジャーの両方の役割ができる人のことを表します。例えば、教師であれば、「学級経営をしながら、若手教師の育成を同時にすること」です。若手教師が毎年大量に採用される時代です。教師は、プレイングマネジャーとしての資質を求められるようになりました。 2.マネジャーとしても一流を目指す しかし実際には、プレイヤ...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

教師は非常識だと言われないようにする48の方法

この記事は次のような先生のために書きました。 ・社会人の経験なしで中学校の先生になったので、社会人として基本的なルールやマナーを知りたい。 ・教員採用試験に合格したが、4月の採用までの間に少しでも心の準備をしておきたい。 ・自分の仕事に対する考え方が正しいかどうか分からない。 ・今の学校に不満感がある。自分の考え方が正しいと思うが、どうしていいのか分からない。 ・何がよくて何がダメなのかの...
タイトルとURLをコピーしました