定期テスト

スポンサーリンク
勉強方法

何度繰り返しても、用語を覚えられない中学生に試してほしい勉強法

1.一般的な方法をまずは確認する 勉強法について、多くの書籍に書かれている勉強法があります。 ・同じ問題を繰り返し解く ・間違った問題は正解を数回書く ・適切なタイミングで解き直す(復習する) 実際に多くの生徒が、効果の差こそあるものの、この方法で覚えられるでしょう。 しかし、多くの先生が感じておられる通り、この方法だけではすべての生徒が重要な用語(言葉)を覚えられるようになりません。 そこで、...
勉強方法

定期テストで出題する「暗記事項」で考えなければならないこと

1.定期テストで出題する「暗記事項」の適切な量を知ること 常識を逸脱するような量を暗記範囲にしてはいけません。例えば一般的な公立中学校で、1年生や2年生の段階で次の量は多過ぎると言えるでしょう。--------------------------------------社会で、・国名プリント(地図上に40か国)・都市名プリント(地図上に40か国)・各国の自然プリント(地図上に40か所)・他...
定期テストと実力テスト

定期テスト範囲の内容で、できれば避けたい表現

昨日の記事の続きです。定期テスト範囲の通信は、単に範囲を知らせるためだけのものではありません。テスト範囲が書かれた通信を見て、「よし、やってみよう」と生徒が思うようにしなければなりません。定期テスト範囲の通信における「その他注意点、メッセージ、学習のポイント、アドバイス、提出物、連絡などの内容」には、いくつかポイントがあるのです。 1.避けたい表現の例(私もほぼ守れていませんが) 1...
定期テストと実力テスト

定期テスト範囲が分かりにくければ、準備の苦手な生徒は脱落する

1.避けたいテスト範囲の例 次のようなテスト範囲は、完全アウトです。ここでは、理科のNG例を示します。-----------------------------------2学期中間テスト 理科テスト範囲A.教科書P90~P101、P123、P124(P100の(1)、(3)、P124の(1)~(3)、(8)は除く)B.白プリント6~9(7の裏面の3(1)、4(3)、9の裏面2は除く)C....
定期テストと実力テスト

定期テスト前の中学生に伝える6つのこと

定期テスト前の中学生に伝えなければならないことを、過去の学級通信や学年便りから抜粋しました。直接中学生に語ってもいいでしょう。そのまま、学年便りや学級通信で記事にしてもよいでしょう。
定期テストと実力テスト

テスト範囲の白プリントは、いつ配布するのがベストなのか

1.直前に白プリントを配布しない やってはいけないことは、テスト前日(又は前々日)にまとめて多くの白プリントを配布することです。 短期間で多くのことを覚える能力のある生徒が有利になります。 時間をかけないと覚えられない生徒は、不利になります。 以前、生徒からの訴えがありました。 「社会のA先生、テストの3日前に授業中に白プリントを一気に3枚も配ってん。こんなにたくさんの量を直前...
勉強方法

「どのような家庭教師がいいのか」と保護者に聞かれたら答える内容

1.いい家庭教師の条件 「子どもの力を最大限に伸ばしてくれる」そのような家庭教師の条件を、保護者から聞かれたら私なら次のような視点で答えます。・自分でできる宿題を出す。・中学校に合わせた指導を中心にする。・生徒一人一人に合わせた指導ができる(自分の方法を押し付けない)。・契約前に保護者との十分すぎるくらいの説明の時間がある(保護者や生徒の要望を丁寧に確認する)。・塾講師を経験したことがある...
定期テストと実力テスト

テスト終了後の振り返り表と個別フィードバックの方法@Wordファイル添付

時間がある場合のテスト終了後の振り返り表の使い方に「個別にフィードバックする」方法かあります。 次の振り返り表を使用した場合を考えます。 1.「テスト終了後の振り返り表」をPDFで表示 「テスト終了後の振り返り表」PDFで表示 2.「テスト終了後の振り返り表」ワードファイルダウンロード 「テスト終了後の振り返り表」ワードファイルダウンロード ...
勉強方法

テスト直前、中学生に間違った勉強法を伝えてはいけない

1.間違った勉強法とは テスト直前に「勉強の仕方を教えてほしい、、、」と生徒に言われることがあると思います。私は10年以上塾講師として勤務していました。塾には「自習室」があります。テスト直前などはいつも満席になります。その自習室の監督をしていた時、ある新入塾生(通知表の絶対評価の平均が2~3)が教科書をノートにまとめているのを見つけました。テスト2日前に教科書をまとめるなんてことを塾では指...
学習計画表

中学生のテスト勉強計画表(学習計画表)は、3種類以上準備する

「テスト勉強計画表(学習計画表)作成能力」には、中学1年生なら少なくとも12年分の差があります。中学3年生のスタート段階なら14年分です。ほとんどの中学校では、統一されたテスト勉強計画表(学習計画表)を使用していると思いますが、私は、 生徒の発達段階に合わせたテスト勉強計画表(学習計画表) を使用しています。例えば、「計画作成の苦手な生徒」が、下記の「テスト勉強計画表(学習計画表)A...
定期テストと実力テスト

定期テスト・実力テストの結果を短時間で分析する方法

1.定期テスト・実力テストを分析する目的 定期テストの目的は大きく分けて次の2つです。 ・評価するため ・生徒の達成度を確認し、今後の指導に活かす(フィードバックする)ため 教育用語で、「総括的テスト」「総括的評価」「形成的テスト」「形成的評価」という言葉があります。 評価するための「総括的テスト」、生徒の達成度を確認し今後の指導に活かすため「形成的テスト」とざっくり言うこ...
定期テストと実力テスト

定期テスト・実力テスト出題予定表は4月に配布する

定期テスト、実力テストの年間出題予定表 教材選定が終了したらすぐに作成する資料があります。 定期テスト、実力テストの年間出題予定表です。 ポイントは、出題する予定の問題集の範囲を可能な限り書いておくことです。 出題内容を書くだけではありません。 4月の1回目か2回目には生徒に配布します。 イメージは次の通りです。 テスト計画表.doc ダウンロード コツコツ型の生徒のために ...
定期テストと実力テスト

中学校最初の定期テストは、高得点を取らせる

1.「俺だって、勉強できた時あるねん」やんちゃ君の忘れられない言葉 「俺だって、勉強できた時あるねん。1年の最初のテストで、5教科合計で218点とってん」 卒業間近の中学3年のやんちゃ君が、放課後の教室でつぶやいた言葉です。 一の位までしっかりと覚えているのです。 私はこれを聞いて胸が熱くなりました。 「勉強できたんや」 「そうやで、俺、最初は頑張ってん」 「やっぱり、〇〇さんもやったらで...
定期テストと実力テスト

中学校定期テスト「問題作成、採点、返却」のポイント

「真面目に頑張った生徒が力を発揮できる問題を作りたい」 心ある教師なら、このように思うはずです。 しかし、中学3年のテストでは評価のこともあるので、これだけではうまくいきません。 「真面目に頑張った生徒が力を発揮できる問題」かつ「上位層や下位層の人数が極端に多くならない問題」をつくるという視点も必要です。 1.「真面目に頑張った生徒が力を発揮できる問題」を作成する方法 「真面目に頑張った生徒...
定期テストと実力テスト

定期テスト返却時の「1分コメント」で生徒の学習意欲を高める

1.1分コメントの方法 「先生今日テスト返してくれるの?」テスト終了後、廊下を歩いていたら必ず聞かれることです。がんばった生徒も頑張らなかった生徒も言ってきます。「もちろん返しますよ」と伝えると、「俺めっちゃがんばってん」「うわ、全然できなかってん。返さんとって〜」と興奮して答えます。テスト返却時の生徒のテンションはいつもとは全然違います。これを生徒の学習意欲の向上につなげるのです。さらに...
定期テストと実力テスト

クラス毎の平均点は発表しない

1.反骨精神をあおって、勉強させることはできない クラス毎の平均点は発表してはいけません。ある中学校での話です。定期テストの返却時に、ある教師が次のように言いました。-------------------------------各クラスの平均点を発表します。1組63点、2組65点、3組60点、そして君たちのクラスは58点、一番悪い。なぜか分かるか?いつも騒がしくしているからや。平均点の良い...
タイトルとURLをコピーしました