定期テストで出題する「暗記事項」で考えなければならないこと

この記事のポイントは2つです。
1.定期テストで出題する「暗記事項」の適切な量を知ること
2.「暗記事項」の量の多少に限らず、授業中にできるようになるまで指導すること

中学校教師、教育、ブログ、仕事術
定期テスト範囲の通信は、単に範囲を知らせるだけのものではないでも少し記事にしていましたが、反響が大きかったので、説明を加えます。

1.定期テストで出題する「暗記事項」の適切な量を知ること
常識を逸脱するような量を暗記範囲にしてはいけません。
例えば一般的な公立中学校で、1年生や2年生の段階で次の量は多過ぎると言えるでしょう。
————————————–
社会で、
・国名プリント(地図上に40か国)
・都市名プリント(地図上に40か国)
・各国の自然プリント(地図上に40か所)
・他にも授業プリントが10数枚
これを1回のテストで実施する。
各教科共通して、
・(2学期中間テストにもかかわらず)1学期で習った範囲も含む(20点分)
————————————–
などです。
生徒に「適度な量」を暗記をさせるのは賛成ですが、上記は常識を逸脱しています。
そもそも「学習指導要領」に、1回の定期テストの範囲で、そんなに覚えるようには書いていないでしょう。
また、100も200もの「用語」を家で一人で覚えるなんて、「できる生徒」しかできません。
考えてください。
自分が中学生だとして、苦手な教科、例えば「英語の単語を150個がテスト範囲」だったら無理でしょう。
暗記が苦手な「できない生徒」は、「勉強が嫌いになる」「その教科が嫌いになる」のです。
入試直前のまとめとして、そのようなプリントを配布する場合などは、まだ理解できますが・・・。
2.「暗記事項」の量の多少に限らず、授業中にできるようになるまで指導すること
次のようにするだけでは、「授業中にできるようになるまで指導したこと」にはなりません
<例>
・国名プリントを配布する。
・答えを言う(生徒は解答を書き込む)。
・練習用プリントも配布する。
・「次のテスト範囲に入るから」と伝える。
これは、「説明しただけ」です。
では、どう考えればいいのか。
これはあくまで目安ですが、そのようなまとめプリントは、50個程度が限界ではないでしょうか。
ちなみに、50問でも授業中にできるように指導することは難しいことです。
例をあげて考えてみましょう。
50問を授業中にできるようになるまで指導するために、50問を小分けにして、

授業内に小テストを毎時間実施する

とします。
例えば、2学期期末テストまで1カ月半(7週)あるとして、
・週3時間の教科であれば、授業時間は7週×3時間=21時間。
・毎回5問の小テストを実施するとして、出題可能問題数は、合計5問×21時間=105問。
となります。
50問のプリントであれば、105問÷50問=約2回が、授業で繰り返すことのできる回数です。
2回では少ないでしょう。
私なら、「授業内でできるようになるまで指導する」ために、少なくとも3回は繰り返す計画を立てます。
ということは、逆算すると、

105問÷(割る)3回=35問が、生徒ができるようになるまで指導できる問題数の限度

になります。
35問なら、7週間で授業内に3回繰り返してできることになります。
そこまで考えずに、多くの量をテスト範囲に設定するのは、あまりに乱暴すぎるのです。
中学校や教科の特性があるので、十把一絡げにできませんが、一般的には、おおよそそれくらいだということです。
ちなみに、ここまで説明してきたことは、4(5)観点のうちの「知識・理解」だけです。
他の観点もあります。
それらも総合的に考えなければならないのです。
また、別の記事にできればと思います。

<まとめ>
「このプリント、テストで出すから、家でしっかり暗記しておくように」は、指導の放棄。
中学校と言えども、「授業中にできるようになるまで指導すること」、これが基本。