4月

未分類

中学校教師が3月4月にやること・考えることまとめ(基本編)

(この記事は、過去の記事のまとめページです) この記事は次のような先生に向けて書きました。 ・4月から中学校教師になるが、何をやったらよいか分からない先生 ・この1年間の振り返りを確実にして、4月から最高のスタートを切りたい...
未分類

新年度の資料作成で意識すること

1.「自分で考えた言葉を入れる」とは 新年度がまもなく始まります。修了式後、その準備を周到にされた先生も多くいらっしゃることでしょう。例えば、分かる先生に聞く、関連する本や引継ぎ資料を読む、ネットで調べる、1年間の見通しを考...
中学校生徒指導

問題のないうちに関係をつくっておく

1.問題のないうちに関係をつくっておく 新年度が始まり、2週目が間もなく終了します。大きな生徒指導もなく、授業も順調に進んでいる中学校も多いでしょう。新学年始まってからの2~3週間は、黄金週間と言っても過言ではありません。生徒自身が...
3月と4月の授業

中学生と出会いの言葉で意識すること

1.模範解答はない 学級開きで最初に生徒に何を伝えるのか?とても大事なことです。学級経営の基本です。 最初の言葉が「グダグダ」なら、生徒は幻滅でしょう。そして、それを取り返すのは相当の努力が必要になります。 最初の言葉が...
中学校の先生の働き方・考え方

中学校初任者が最初の1週間で考えること

1.4月最初の1週間が大切な理由 中学校の初任者が、4月に着任してからすぐの過ごし方(特に最初の1週間)は極めて重要です。生徒が学校に来る前に、どのような準備をしておくのか? まずは、よくある失敗例です。4月1日、辞令...
生徒対応

4月当初に見過ごされている生徒を見つけ出す7つの方法

1.保護者へ「連携電話」する 「こんにちは。4月より○○さんの担任になりました△△と申します。どうぞよろしくお願いします。今よろしいでしょうか?(中略)新学期が始まって1週間が経ちましたので、もし何か家でお困りのことやご質問があれば...
未分類

4月から先生になる方が準備しておくこと

不安で仕方がないという方もたくさんいらっしゃると思いますが、この記事がほんの少しでも安心できる材料になれば幸いです。中学校に行ってすることを列挙すればきりがありません。ここでは、とりわけ赴任後最初の1週間で「意識すべきこと」や「やるべきこ...
学級通信・学年便り

学級通信(学級便り)を多く早く正確に書く22の方法|中学校

「学級通信を書かなければならないのは分かっているけれど、どのように作成したらよいのか分からない」 「学級通信を書く時間がない」 「学級通信の文章に自信がない」 「学級通信の写真入りの簡単なレイアウトのテンプレートがほしい」 「入学式直後に...
未分類

中学校の先生用 新年度の準備物チェックリスト

準備をする上でのキーワードは、「想定力」です。できる限りのことを想定して、新年度が始まるまでに準備しておくのです。いざ、何かあった時でもすべて想定しておけば、落ち着いて行動することができます。思いつくまま書きましたが、「新年度 準備」で検...
中学校学年主任の仕事術

学年主任が準備する4月最初の学年会議<必要最小限の内容>

地域によって差はあるかもしれませんが、そろそろ次年度の体制が決まってくる頃です。 今回初めて、「学年主任をすることになる」教師の方もいらっしゃると思います。 データはワードのデータを単純にテキスト化したものなので、項目のずれがあり見にくく...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました