中学校教師は、思い切って「瑣事を愛す」

Reading Time: 1 minute

1.芥川龍之介の言葉

「人生を幸福にするためには、日常の瑣事を愛さなければならぬ」
芥川龍之介の言葉です。
「瑣事」とは、「取るに足らないささいなこと」を意味します。

2.今から何をして遊ぼうか

・今から何をして遊ぼうか
・今日は何を着ていこうか
・今からぶらぶら街を歩いてみよう
などです。
時には瑣事を忘れて、猛烈に仕事をする時も必要です。
しかし、ずっとそんなことをしていれば、人間的な魅力はなくなります。
何よりも、心身が病んでしまいます。
人間的魅力を感じる中学校教師が習慣にしていること
でも記事にしています。
そういう時こそ意識的に、「瑣事を愛す」のです。

タイトルとURLをコピーしました