活躍できる「ふつうの」教師、残念すぎる「優秀な」教師 ~ふつうの中学校教師になるための39のヒント~

断言できます。
残念すぎる「優秀な」教師に邪魔されることなく、ふつうの中学校教師がふつうに仕事をすれば、うまくいかなかったこともほとんどうまくいくのです。
どうぞ肩の力を抜いて読んでください(;゚∇゚)ノ_彡

<ヒント1> 自分が担当する後輩教師が育たなかったら、

活躍できる「ふつうの」教師は、
自分の後輩教師に対する接し方をもう一度見直す。
残念すぎる「優秀な」教師は、
「あの先生は、全然ダメ。生徒に乗り越えられている」「あの先生は、教師に向いていない」と周りに言いふらし、自分の責任にならないように予防線を張る。

<ヒント2> HR用のプリントを自作したら、

活躍できる「ふつうの」教師は、
「皆さんも、これよかったらどうぞ」と周りの先生にも配布する。
残念すぎる「優秀な」教師は、
周りの先生に気づかれないように、プリントをこっそり使用する。

<ヒント3> テストの平均点が悪かったら、

活躍できる「ふつうの」教師は、
自分の授業を改善するための材料にする。
残念すぎる「優秀な」教師は、
生徒を責めるための材料にする。

中学校教師、教育、ブログ、仕事術

<ヒント4> 早く帰る教師がいたら(1)、

活躍できる「ふつうの」教師は、
「お疲れさまでした」とふつうに笑顔で返事する。
残念すぎる「優秀な」教師は、
「今日は早いね。何か予定あるの?」と不気味な笑顔で言い返す。

<ヒント5> 早く帰る教師がいたら(2)、

活躍できる「ふつうの」教師は、
帰った後に、「○○先生、いつも仕事早く終わらせて凄い」と陰で褒める。
残念すぎる「優秀な」教師は、
帰った後に、「○○さん、そんな早く帰られる余裕あるのかな~」と同類の教師と陰で悪口を言う。

<ヒント6> 醸し出している雰囲気

活躍できる「ふつうの」教師は、
いつも笑顔で周りを楽しい気分にさせ、周りにエネルギーを与える。
残念すぎる「優秀な」教師は、
いつも怒った顔で周りに気を使わせ、周りからエネルギーを奪う。

<ヒント7> 〇〇祭りや修学旅行の教師から生徒への出し物(サプライズ)で、

活躍できる「ふつうの」教師は、
脇役に徹する。周りの教師が得意なことを演じてもらう。
残念すぎる「優秀な」教師は、
主役に徹する。教師ダンスではセンターを張る。教師合唱では音楽教師でもないのに、ピアノを演奏する。

<ヒント8> 研修に参加する教師がいたら、

活躍できる「ふつうの」教師は、
「研修で学んだこと、私にも後で教えてくださいね」と笑顔で送り出す。
残念すぎる「優秀な」教師は、
「しっかり休憩しておいで」と笑顔で送り出す。

<ヒント9> 雑談場面で、

活躍できる「ふつうの」教師は、
誰もが会話に入れる内容をチョイスして話をリードする。
残念すぎる「優秀な」教師は、
自分の子どもの自慢話をする。

<ヒント10> 秘密

活躍できる「ふつうの」教師は、
何があっても、秘密を守り抜く。
残念すぎる「優秀な」教師は、
「誰にも言わないでよ」と言いながら、誰にでも秘密を話す。

<ヒント11> 活躍している後輩教師がいると、

活躍できる「ふつうの」教師は、
「あの先生、見えない所で頑張っているし、実力もあるからね」と言う。
残念すぎる「優秀な」教師は、
「あの先生、実力はないのに運だけはいいよね」と言う。

<ヒント12> 会議場面で、

活躍できる「ふつうの」教師は、
1回の発言時間は、15秒以内である。
残念すぎる「優秀な」教師は、
3分以上、延々持論を展開する。

<ヒント13> 教師の仕事を、

活躍できる「ふつうの」教師は、
「修業である」と考える。
残念すぎる「優秀な」教師は、
「修行である」と考える。
(ここでは「修業」=学問や技芸などを習い修めること、「修行」=精神の鍛錬、辛いこと)

<ヒント14> 万一職員会議に遅れたら、

活躍できる「ふつうの」教師は、
後ろの扉から、音がしないように遠慮がちに入る。
残念すぎる「優秀な」教師は、
「俺は生徒指導で忙しかったから」という雰囲気で、前の扉から堂々と入る。

<ヒント15> 会議中、マナーモード(サイレントモード)のスマホ(携帯)の着信に気づいたら、

活躍できる「ふつうの」教師は、
何事もなかったように、会議に集中する(スマホには気づかない)。
残念すぎる「優秀な」教師は、
席を立ち「ごめんね、今会議中だから廊下に出るわ。ちょっと待って」と大声で言って、部屋を出る。

<ヒント16> 「やる」「やらない」の判断基準は、

活躍できる「ふつうの」教師は、
「自分のやりたいこと」と「組織から求められていること」のバランスを考える。
残念すぎる「優秀な」教師は、
「自分のやりたいことだけ」に固執する。

<ヒント17> 何をするかの判断基準は、

活躍できる「ふつうの」教師は、
多くの人の意見や自分で考えたことの中から、最善の選択肢を考える。
残念すぎる「優秀な」教師は、
自分の感性だけを頼りにする。

<ヒント18> 生徒の成長

活躍できる「ふつうの」教師は、
学年全体、学校全体の生徒の成長を考える。
残念すぎる「優秀な」教師は、
自分が担任する学級の生徒の成長だけを考える。

<ヒント19> 研修参加後、

活躍できる「ふつうの」教師は、
1つでも学ぶ内容があれば、「良い研修だった」と言う。
残念すぎる「優秀な」教師は、
1つでも気に入らない内容があれば、「あの研修は最低だった」と言いふらす。

<ヒント20> 学年会議、職員会議での他人の提案に対して、

活躍できる「ふつうの」教師は、
苦労をねぎらい、その案を練り上げる。
残念すぎる「優秀な」教師は、
荒探しをして、ダメ出しをする。会議でその案が通ってしまいそうな雰囲気になると、最後にまとめの意見を言って自分が「許可」したように見せる。

<ヒント21> 「朝の読書タイム」で、

活躍できる「ふつうの」教師は、
ふつうに朝読書をする。学級文庫が充実している。
残念すぎる「優秀な」教師は、
自分のクラスだけ、違うことをする。いつもうるさいので、周りのクラスへ迷惑がかかる。

<ヒント22> 出会い

活躍できる「ふつうの」教師は、
所属する中学校以外でも、多くの優秀な教師に出会っている。
残念すぎる「優秀な」教師は、
いつも同じ教師としか出会っていないので、「井の中の蛙」状態である。

<ヒント23> 自分より遅く出勤する教師がいたら、

活躍できる「ふつうの」教師は、
「おはようございます」とふつうに笑顔で挨拶する。
残念すぎる「優秀な」教師は、
その教師に対しての風当たりをきつくする。

<ヒント24> 瑣事

活躍できる「ふつうの」教師は、
「瑣事を愛す」ことを得意とする。
残念すぎる「優秀な」教師は、
「瑣事を愛す」教師を非難する。

<ヒント25> 後輩教師へのメール

活躍できる「ふつうの」教師は、
土日は、よほどの緊急時でないとメールしない。
残念すぎる「優秀な」教師は、
日曜日の朝に、月曜日でも間に合うメールをする。

<ヒント26> 本

活躍できる「ふつうの」教師は、
本をたくさん読む。
残念すぎる「優秀な」教師は、
本をたくさん読んでいるふりをする。

<ヒント27> 生徒への対応

活躍できる「ふつうの」教師は、
一人一人の生徒の話を丁寧に聞くことができる。不登校気味の生徒から人気がある。
残念すぎる「優秀な」教師は、
一人の生徒の話を聞くよりも、「多くのヤンチャな生徒を手の内に入れる」ことの方が偉いと思っている。不登校気味の生徒から避けられる。

<ヒント28> 愚痴

活躍できる「ふつうの」教師は、
極めてプライベートな場所で限られた人へのみ、愚痴を言う。
残念すぎる「優秀な」教師は、
職員室で大声で愚痴を言い、周りの教師を嫌な気持ちにさせる。

<ヒント29> 研修、研究授業

活躍できる「ふつうの」教師は、
進んで研修に参加する。覚悟をして研究授業を引き受ける。
残念すぎる「優秀な」教師は、
研修や研究が大大大嫌いである。

<ヒント30> 仕事が忙しい時、

活躍できる「ふつうの」教師は、
何も言わずに黙々と仕事をする。
残念すぎる「優秀な」教師は、
「俺様は忙しい」アピールをする。

<ヒント31> 他の教師と意見が違ったら、

活躍できる「ふつうの」教師は、
妥協点を探る。最後は潔く引く場合も多い。
残念すぎる「優秀な」教師は、
自分の意見が通るまで粘り強く時間を費やす。意見が通らないと陰でグチグチ文句を言い続ける。

<ヒント32> 後輩教師への指導

活躍できる「ふつうの」教師は、
時間と場所とタイミングを慎重に選ぶ。
残念すぎる「優秀な」教師は、
職員室や飲み会の場など、周りに多くの人がいるのにも関わらず指導する。指導していることをアピールしようとする。

<ヒント33> 後輩教師に相談されたら、

活躍できる「ふつうの」教師は、
何があっても秘密を守り抜く。
残念すぎる「優秀な」教師は、
別の先生に、「○○先生に相談されているんですよ」と自慢する。

<ヒント34> セクハラ発言

活躍できる「ふつうの」教師は、
セクハラ発言に対し、厳しく対応する。
残念すぎる「優秀な」教師は、
セクハラ発言をセクハラ発言だと気づけない。セクハラ発言をした後に、「今のは、セクハラになってないよね~~」とやはり不気味な笑顔で言う。

<ヒント35> 後輩教師への指導

活躍できる「ふつうの」教師は、
学び方を中心に指導する。
残念すぎる「優秀な」教師は、
自分の方法だけを指導しようとする。少しでも違う方法をしようとすると、「それはダメ」とダメ出しする。

<ヒント36> 塾

活躍できる「ふつうの」教師は、
地域の塾の情報を熟知している。
残念すぎる「優秀な」教師は、
塾を敵対視している。授業中も「塾に行っている生徒が有利にならないように、○○する」を連発する。

<ヒント37> カンニング対応

活躍できる「ふつうの」教師は、
カンニングがないようなシステムをつくりだす。
残念すぎる「優秀な」教師は、
カンニングが何度あっても、「試験監督へのダメ出し」だけを続ける。

<ヒント38> 行事と授業

活躍できる「ふつうの」教師は、
授業で勝負する。
残念すぎる「優秀な」教師は、
行事で勝負する。

<ヒント39> テストの平均点

活躍できる「ふつうの」教師は、
各クラスの平均点は絶対に発表しない。
残念すぎる「優秀な」教師は、
クラス毎の平均点を言って、「クラス単位の競争心」をモチベーションにしようとする。

要するに、

活躍できる「ふつうの」教師=感性のある教師。
残念すぎる「優秀な」教師=感性のない教師。
この記事を最後まで読んでくださった中学校の先生方、ありがとうございます。
先生は、間違いなく「活躍できる」先生です!
m(_ _;)m