(雑記)保護者への思い

Reading Time: < 1 minute

学校に来られた保護者に対してどのような言葉をかけますか。

三者面談など、保護者は当たり前のように来てくださっていますが、お忙しい中時間をさいて来てくださっています。

そのような保護者に対して、気遣いの言葉をかけていくのです。

例えば、
・外が暑いのなら、
「こんにちは。外は暑かったんじゃないですか?」

・雨が激しいなら、
「こんにちは。濡れたんじゃないですか?」

 

・風が強い日なら、
「こんにちは。寒かったんじゃないですか。大丈夫でしたか?」

・家が遠い家庭なら、
「中学校まで時間がかかったんじゃないですか?」

他にも、
・生徒指導関係で来られたなら
・PTA関係で来られたなら
・授業参観でこられたなら
・卒業式で来られたなら
・入学式で来られたなら

思いを馳せれば、そして気遣いの気持ちがあれば、それぞれ違った言葉が見つかるはずです。

模範解答はありません。
「相手を気遣う」そんな心があれば、自然とふさわしい言葉が出てくるはずです。

メルマガ登録する【無料】(ほんの少しでもブログが役に立ったと思われたらメルマガにご登録ください。無料です。1週間に3回ほど配信しています。内容は、「これからの教育の方向性」「中学校教員の働き方のコツ」「職員室の人間関係」等です。結構スパルタなので本気で教師を続けたい先生や考え方を変えたい先生におすすめです。メルマガの解除はいつでも簡単にできます。)
保護者との関わり
スポンサーリンク
カテゴリー
アーカイブ
応援の空
タイトルとURLをコピーしました