教師

授業の基本と視点

自分の声の聞き取りやすさをチェックする方法

「声の聞き取りやすさ」これは、教師の生命線の1つです。以前生徒から、私の声が聞き取りにくいと言われたことがありました。それをチェックする方法として私は、iPhone/AndroidアプリのSpeechy(Pro版)を使用しています...
中学校学年主任の仕事術

5~10名の教師のチームが最も力を発揮する

1.5~10名の教師のチームが最も力を発揮する なぜ5~10名かと問われれば、それは単に経験による感覚です。説得力はありませんが、そらぐらいの人数の集団が、生き生きと活躍していた場合が多かったということです。さて、中学校にお...
中学校生徒指導

何のために叱るのかを考えれば、生徒への叱り方が変わる

1.何のために叱るのか 何のために叱るのか。 日本語としての定義的な意味はさておき、 「相手の行動や考えの変容を目的とする行為」 だと私は思っています。 叱るというのは、相手があって初めて成立する行為です。 一人では叱れません。 比較対...
授業の基本と視点

どの生徒にも授業で視線を送れるようにする視線トレーニング

1.練習するタイミング 練習するタイミングは、・定期テスト監督時・問題演習時・放課後、誰もいなくなった教室などです。 2.視線を送る順番 (1)座席順(前後)に視線を送る (2)座席順(左右)に視線を送る ...
授業力向上

定期テストへ向けてのミニ語り「遊んだ以上に、勉強しよう!」

1.遊んだ時間以上に、勉強時間をとること テスト直前の中学生への語りです。対象は、学習意欲の低い中学1年生、中学2年生です。題名は、「遊んだ以上に、勉強しよう」です。 〇組の皆さん、試験勉強は順調に進んでいるでしょうか。うま...
中学校カルチャースタンダード

(雑感)~優しさ~教師にとって最も大切な資質

明日からいよいよ新年度が始まります。 お別れの季節から、出会いの季節へと変わります。 さて、上から目線になってしまいますが、今年度最後のメッセージです。 教師にとって大切な資質を一つだけ答えるとしたら、何と答えるのか。 私は迷わず、「優しさ...
生徒対応

返報性を生徒指導や教育相談のヒントにする

1.聞いてもらっているから、聞いてあげようという気になる 「A先生は普段から私が言ったことを親身になって聞いてくれる。だから、A先生から何か言われた時、聞いてあげようという気になる」ある生徒が言っていたことです。これを心理学用語で「...
中学校の先生の働き方・考え方

「自動思考」について知る

1.自動思考とは 「自動思考」という心理学用語があります。以前に心理士の友人から聞いた言葉です。私は心理の専門家でもありません。なおかつ、思い出しながら記事にしていますので、参考程度に見てくだされば思います。本格的に学ばれたい方は、...
生徒対応

「この教科だけできる」を探し出して褒める

1.「この教科だけできる」を探し出して褒める 例えば、学級に「社会科の評定が3」の生徒が20人いる時。生徒20人の「3」に対する思いは、それぞれ違います。・社会以外は4の生徒の「社会科の3」・2、3、4がある中での「社会科の3」・オ...
中学校の先生の働き方・考え方

2年目の先生が考えること

1.1年を終えて まずは、1年間お疲れ様でした。初任者研修を終えられる先生から、いくつか感想をもらいました。・あっと言う間だった。・自分の力のなさを痛感した・休む暇がなかった。・楽しい1年間だった。・思い通りにならないことが多かった...
中学校の先生の働き方・考え方

異動したら最初に確認しておくこと、異動されてきた先生にできること

異動直後、最初の動きで印象が決まります。「まだ転任したばかりだから、よく分からない」ではなく、「即戦力になること」です。最初に、「この先生はできない」と判断されたら、それを取り返すのは大変です。逆に、「この先生来たばかりなのに、この学校の...
中学校の先生の働き方・考え方

教師も使いたい社会人の基本の言葉づかい/感謝・依頼

社会人は、上司や取引先の相手など、1日中言葉づかいを意識しなければなりません。 そうしているうちに社会人として正しい言葉づかいを学んでいくのです。 しかし、教師の場合は違います。 多くの時間、生徒と話します。 他の先...
中学校カルチャースタンダード

攻める「考え方」と攻める「ToDo」

ここでは、攻める「考え方」(6つ)、「ToDo」(8つ)を記事にしています。ハードルの高い内容にしています。無理をしない範囲で。 1.考え方 考え方<その1>他人のために正義を貫く行動をする。教師である以前に人として大切なこと...
中学校の先生の働き方・考え方

決めたことを長く続けるコツ

1.「より早く、より健康にランニングをするには、どんなに遅くなっても、走っている状態を保つことが大切だ」 「より早く、より健康にランニングをするには、どんなに遅くなっても、走っている状態を保つことが大切だ」友人のスポーツ科学に詳しい...
生徒対応

「継続こそ力なり」中学生への伝え方

1.「意識化」を意識して指導する 一筋縄ではいきませんが、「続けることの大切さ」を伝える時のポイントが2つあります。・ほんの少しでも続けたことで、生徒が感触を得ている瞬間を捉えて、「続けたから、できたんですね」と声掛けをすること。・...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました