中学校教師が10秒でスマホにメモを書き留める方法

スピードテキスト、中学校教師、メモ、スマホ、仕事術
今回は、以前より使用しているiphoneアプリを紹介したいと思います。
「SpeedText」とうアプリです。
いろいろ試しましたが、これが一番速くメモできました。
このアプリのポイントは、
「手書き入力」だということです。
アプリを起動してすると、
画面半分に、手書きパッドが出現します。
そこに、指先で、必要なメモを書いていきます。

一定の時間後(設定可能)、画面上部に手書き入力した文字が、縮小した形で表示されます。
また、これをEvernoteにアップすることもできます。
通勤途中に簡単に見ることもできます。
メモとペンを持ち歩くという方法もありますが、どこか不恰好で、使い勝手が悪い気がします。
ただし、学校によっても扱いが違うと思いますが、個人情報に関するメモを携帯上にはとってはなりません。
興味のある方は、AppleStoreで検索してください。