中学校カルチャースタンダード

職員室を明るい場所に変えたい先生が考えること

本音で「気持ち」や「思い」を 語る時は、大阪弁の方が書きやすいからな。 えっ?そんなことどーでもいいって?ほっといてくれ(笑)!好きでやっとんねん。しかも、「春野先生の大阪弁の記事もいい」みたいなことを言ってくれる読者もおんねんや。自慢な...
授業の基本と視点

自分にあった授業実践の見つけ方(中学校の先生向け)

この記事は次のような先生に向けて書きました。 「概ね経験年数3年未満の先生で、どのように授業をしたらいいか迷っている先生」 標準的な方法を書いています。 1.どんな授業をしたいのか、自分の気持ちを整理する いきな...
中学校カルチャースタンダード

子どもの幸せのために、世界の平和のために、これからも私は働く

(この記事はイキって、関西弁で書きます。いや、書くで。なんてったって、大阪のおっさん先生やからな。中学校のおっさん先生が好き勝手にえらそーに書いてる記事やから、読んでくれたとしても、読み飛ばしてや。めっちゃ長いで。しかも、言いたいことは1...
中学校カルチャースタンダード

3年目までの先生を見れば、良い学校か悪い学校かがすぐ分かる

1.良い学校の特徴 「職員室に少しでも入れば、良い学校か、悪い学校なのか、すぐに分かる」先生ではありませんが、中学校に出入りすることのある私の親友が言っていたことです。理由を聞いて、なるほど、と思いました。 「3年目ま...
未分類

(雑記)この3日間でやったこと。3/30、3/31でやろうと思っていること

19/03/29 もみじの新芽です。この時期、鮮やかなサクラも好きですが、その脇で、半年後の秋に向けて、もみじがひっそりと準備している季節感が、私は大好きです。 (単なる日記です。思ったことをだらだら書いていたら、こんな感じになりま...
生徒対応

うまく話がまとまらない時に私が使っているたった1つの型

「学級開きでの中学生との出会いの言葉」や「歓送迎会での挨拶の言葉」を言う場面。伝えたい内容は決まっている。思いもある。 何とか、無難に終わらせたい。 でも、話す順番や構成が分からない。どうしよう!と思っている先生に向けて、この記事を書きま...
中学校の先生の働き方・考え方

苦手な重鎮先生のトリセツ

この記事は、次のような先生へ向けて書きました。 ・「苦手な重鎮先生と同じ学年(同じ分掌)になった。嫌だなぁ。」と考えたことのある先生。 1.この記事の目的 この記事の目的は、「重鎮先生に最大の味方になってもらうこと」です...
思考法

複眼思考を意識して、他者の気持ちを理解する

1.複眼思考とは 複眼思考というは、他者の視点に立って、物事を思考することです。 「保護者の視点に立って」 「生徒の気持ちになって」 よく使われる言葉ですが、これは「 複眼思考」の考えです。 俯瞰思考とは違うので、区...
中学校カルチャースタンダード

「経験の豊かさ」は、「経験した年数」だけでは決まらない

1.「経験年数が長いこと」と「経験が豊かなこと」はイコールではない 「えっ?そんな当たり前のこと?」と思われるかもしれませんが、「経験年数が長いこと」と「経験が豊かなこと」は同じではありません。ついでに言うと、「経験年数が長...
中学校学年主任の仕事術

学年主任で中3担任で男性教師でも、育児休暇を取ればいい

(この記事は少し、荒い言葉を使っています。悪しからず)2014年に次の記事を書きました。育休・介護休暇などを誰もが気持ちよく取得できる職員室にするこの記事を書いてから、もう5年が過ぎました。さらに時代は進んでいます。 誰にも...
思考法

セレンディピティ~素晴らしいアイデアが浮かぶ先生の習慣~

1.何もしないのに、突然アイデアが浮かぶことはない 何もしないのに、突然アイデアが生まれることはありません。「道を歩いていたら突然アイデアがひらめいた」こんなことをよく聞きます。これには理由があります。それまでに、多くの時間...
中学校の先生の働き方・考え方

初めての校務分掌〜時間をかけずに無難にこなすコツ〜

この記事は次のような中学校の先生のために書きました。 ・今までにやったことのない校務分掌を4月から担当する先生・必要最低限、時間をかけずに仕事を進めたい先生・無難に仕事を進めたい先生・教師の経験年数の少ない先生 拙ブロ...
中学校の先生の働き方・考え方

私がブログで書くこと、書かないこと

自分の気持ちを整理するために記事にしました。「特定の誰か」を否定する記事ではありません。あくまで「私」がブログを書く内容を考える時に意識していることです。 1.私がブログで書くこと ・新しい価値を生み出す記事「そんな考...
春野式思考力手帳

教師のための思考力手帳で、圧倒的な力をつける

1.教師のための思考力手帳を使う理由 1日の振り返りをするための手帳(日記に近い)です。思考力をアップさせることに特化しています。 私は手帳にこだわりがあります。整理術や仕事術の本も多く読んできました。 その内容と経験...
初任者の先生の働き方

中学校初任者が4月からの働き方について考えておくこと 2019年度版

1.結論 「現場とネットの世界の乖離に幻滅しないこと」 この記事の結論です。これを長い文で説明しているだけの記事になります。 まずは、教員採用試験の合格、おめでとうございます。教員を取り巻く環境が厳しい中、それ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました