中学校学年主任の仕事術

「ミニ賞状」を学年所属の先生へ渡し、ハッピーエンドで学年を終える

飾り枠は著作権の関係で省略しています 1.「ミニ賞状」を渡す理由 主に学年主任の方に向けた記事になります。内容は、記事タイトルに書いてある通りです。節目において人は素直になれるものです。学年主任をしていた頃、あまりいい関係を築...
授業力向上

2019年(平成31年)中学生用 春休み学習計画表

1.春休みの宿題の考え方 中学校の学習指導は現在大きく変化しています。「教師を始めた頃の15年前は、春休みの宿題は出した方がよい」という立場でした。今は「生徒が選択できるようにして宿題を出す」という考えです。「生徒が選択できるように...
中学校の先生の働き方・考え方

退職される直前の先生に私がいつも聞いている16の質問

1.教職を30年以上続けてこられた先生の言葉はとても重い 教師を始めて17年、退職される多くの先生方を見てきました。 その度に私はそばに言って、話を聞かせてもらいました。 教職を30年以上続けてこられた先生の言...
中学校の先生の働き方・考え方

中学校初任者の働きやすさは、残念だが「運で9割決定する」だから今のうちに考えておくこと

1.この記事を書く理由 この記事は、・2019年4月1日に中学校初任者になる方・2019年4月1日から中学校初任者を受け入れる中学校の先生のために書きました。あえて、強めの記事タイトルをつけました。 私がこのような記事を書く...
授業の基本と視点

自分の声の聞き取りやすさをチェックする方法

「声の聞き取りやすさ」これは、教師の生命線の1つです。以前生徒から、私の声が聞き取りにくいと言われたことがありました。それをチェックする方法として私は、iPhone/AndroidアプリのSpeechy(Pro版)を使用しています...
学級担任

中学校で学級担任になったら最初に考えること 2019年度4月版

1.この記事で伝えたいこと この記事は、かつて担任をしていて、中学校の先生になった大事な教え子が、「○○先生(私のこと)、担任になったら、何から始めたらいいですか?」と質問してきた時に、心を込めて伝えたことです。かなり上から...
中学校学年主任の仕事術

中学校クラス分けの最後のチェックポイント

1.クラス分け会議での私の失敗 かなり以前ですが、学年主任をしていた時に失敗したことです。クラス分け会議が終了した日の帰り際、年下の先生(以降A先生)が私に話しかけてきました。「(申し訳なさそうに)○○先生、クラス分けのこと...
中学校カルチャースタンダード

3年以内に中学校の文化は大きく変わり、使命感やワクワク感に満ち溢れた職場となる

1.最高の職場が中学校に間もなくやってくる 風向きは大きく変わっています。今まで大きな顔をして、他の先生を非難してきた先生の居場所はなくなっていきます。時代の流れを察知し、「これはやばい」と思う先生が増え、他の先生には分からないよう...
授業力向上

中学校 授業力向上のための115の方法と視点

「中学校教員経験年数が概ね6年未満で、とにかく授業力をつけたい先生」に向けて、この記事を書きました。 1.授業力とは この記事で用いる「授業力」とは、・「生徒が『分かりやすい』『面白い』 と感じる授業」をできる力・生徒に「高...
中学校学年主任の仕事術

5~10名の教師のチームが最も力を発揮する

1.5~10名の教師のチームが最も力を発揮する なぜ5~10名かと問われれば、それは単に経験による感覚です。説得力はありませんが、そらぐらいの人数の集団が、生き生きと活躍していた場合が多かったということです。さて、中学校にお...
未分類

中学校教師が3月4月にやること・考えることまとめ(基本編)

(この記事は、過去の記事のまとめページです) この記事は次のような先生に向けて書きました。 ・4月から中学校教師になるが、何をやったらよいか分からない先生 ・この1年間の振り返りを確実にして、4月から最高のスタートを切りたい...
中学校学年主任の仕事術

教員間の意思決定に上下関係もミドルリーダーも必要ない

「伸び伸びと仕事ができないこと」 30代前半の先生から相談されたことです。 原因は「上下関係」と「ミドルリーダーの指導」です。これからの時代、職員室に上下関係もミドルリーダーの指導も 必要ありません。 1. こんなタイプの先生...
中学校学年主任の仕事術

意思決定の基準を「正しさ」よりも「思いの強さ」にすれば、学校や学年の仕事は飛躍的に面白くなる

1.間違った意思決定で、若い先生は「やる気」をなくす 意思決定の基準を「正しさ」よりも「思いの強さ」にすれば、学校や学年の仕事は飛躍的に面白くなります。学年会議でよくある残念な例で説明します。4月に学校運営の中核となる企画会...
中学校の先生の働き方・考え方

研修会の「質疑応答」でやってはいけないこと

1.時代遅れの質問 先日、市内の小中学校の合同研修がありました。学校の中核をなす先生が70名以上集められました。最後に教育委員会の指導主事が、「今日の研修内容について、何か質問のある先生はいらっしゃいますか」と、意見を求めま...
中学校の先生の働き方・考え方

次年度の打診をされた時に考えること

多くの先生方が、次年度の体制について、校長先生から打診されていることと思います。先日、ある先生から相談されたことがあります(相談内容等は、設定を変更しています)。 1.ある先生からの相談 5年目の先生(30代前半)「生...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました