コツ一覧

文字だらけの学級通信を改善する方法

写真やイラスト、生徒の作品等がなく、文字ばかりの学級通信になる時がどうしても出てきます。 そんな時に使える学級通信のデザインのコツです。 この構成なら、 文字を見るのが苦手な生徒でも、「文字ばかりで見ない」から「上の部分だけでも見る」に変わります。

中学校で学級担任になったら最初に考えること 2019年度4月版

この記事は、中学校の先生になった大事な教え子が、 「○○先生(私のこと)、担任になったら、何から始めたらいいですか?」 と質問してきた時に、心を込めて伝えたことです。 ・「ToDo」は選択と集中が基本 ・本の選び方、冊数、読み方、ToDoの作り方自体も創意工夫が必要 ・「やること」の決め方にも焦点をあてること

中学校 授業力向上のための115の方法と視点

この記事で用いている「授業力」とは、 ・「生徒が『分かりやすい』『面白い』 と感じる授業」をできる力 ・生徒に「高校入試、統一テスト、実力テスト、定期テスト」 で得点を取らせることできる指導力 です。目次 1.授業力とは 2.授業の基本と考え方 3.勉強法 4.3月と4月の授業 5.問題集の選び方と使い方 6.授業アンケート 7.定期テストと実力テスト 8.入試対策 9.ノート指導 10.授業のネタ 11.教科通信 12.学習計画表 13.中学校学習指導案

言葉の力でマウントとって、自分の働くペースを死守する方法

次のような先生はぜひ参考になさってください。1.話す力、自己主張する力をつけたい先生2.会議で意見を言いたいのに言えない(言わない)先生、アイデアを気の強い先生に潰されたことのある先生3.身近にいる「2.」の先生に対して、何かアドバイスしたい先生4.「<心ある先生>が、楽しく仕事をできる職員室」にしたい先生

スポンサーリンク