資料

スポンサーリンク
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

分厚い資料を職員全員に配布する時代は終わった

1.職員会議の資料の昨今 以前私は、「職員会議で分厚い資料」で提案する教師が優秀だと思っていました。 しかし、今は違います。 全くの逆です。 A4のプリント1枚、あるいはB4(2段)のプリント1枚で、分かりやすくまとまっている提案の方が優秀な提案と思っています。 分厚い資料は、「時間」と「紙」の無駄遣いです。 2.分厚資料で失うもの これは、本当に無駄だなと思った話をします。 どの中学校でも「年度...
中学校進路指導主事

進路指導主事になったら最初に考えること

進路指導主事の仕事は、「ミスなくやって当然」と思われてしまう職務の1つです。にもかかわらず、「ミスを犯すを大変なことになってしまう」職務でもあります。経験を重ねることで、より短時間で仕事が済むようにはなりましたが、「気を緩める」ことはできませんでした。昨今の教育問題は、「油断」から生まれることも多くあります。数多くの実績を残してきた教師でも、
中学校進路指導主事

中3担任による進路指導の準備の基本

1.昨年度の3年生担任がもっている「進路ファイル」を読む チェックポイントは、・昨年度の結果を確認する。実績の多い進路先の資料を読む。・分からない部分をチェックする。調べたり、他の教師に聞く。・1年間の流れを知る。いつ何をするかを確認する。・各高等学校の難しさを知る。⚪︎⚪︎高校は、△△くらいの実力の生徒がよく行っている。・昨年度進路指導の課題を知る。昨年度の進...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

学年主任が準備する4月最初の学年会議<必要最小限の内容>

地域によって差はあるかもしれませんが、そろそろ次年度の体制が決まってくる頃です。 今回初めて、「学年主任をすることになる」教師の方もいらっしゃると思います。 データはワードのデータを単純にテキスト化したものなので、項目のずれがあり見にくくなっています。 ご容赦ください。 周到な準備をしなければ、学年主任は務まりません。 生徒の動きに一瞬の隙もあってはいけません。 特に最初の3日間で、学年がどのよ...
中学校の先生の働き方・考え方・仕事術

100%の完成度で明日提出するか、80%の完成度で今すぐ提出するか

1.80%の完成度でも今すぐ提出するのが基本 何か仕事を頼まれた時、どのように進めていくのかは、今後の教師生活に大きく影響します。 100%の完成度で明日提出するか、80%の完成度で今すぐ提出するか? これも大事な判断基準の1つです。 よほど制約条件がない限り、 「80%の完成度でも今すぐ提出する」のが基本です。 極論すれば、 「50%の完成度」でも、提出するのです。 2.完成度が...
学校行事(体育大会・修学旅行等)

卒業式練習直前、やってはいけないことをパワポファイルで説明する

1.アップした理由 「体育館で卒業式練習をしようと思っている。でも、うまくまとめれらる気がしない」こんな相談を受けた時に、「例えば、こういう資料で説明してみたら」と言って、後輩教師に渡したパワーポイントの資料です。資料には、中学生の動きなどのアニメーションがあります。「学年の状態が悪く、どうしても練習になりそうにない」場合は、ご使用くださればと思います。 2.生徒への説明用パワーポイ...
タイトルとURLをコピーしました